奪三振記録より野手を刺激する阪神メッセの“フルスイング”

公開日: 更新日:

「疲れはないよ。とにかく僕にボールさえ渡してくれたら、しっかり投げるよ」

 阪神メッセンジャー(33)は26日のDeNA戦で7回5安打無失点で7勝目を挙げると、胸を張ってこう言った。

 三回には先頭の山口を見逃し三振に取り、歴代外国人投手単独4位となる通算859奪三振。昨年は最多勝の他に、2年連続となる奪三振のタイトルも手にしたこの助っ人右腕は、バットを持っても頼もしい。この日も第2打席で投手強襲安打を放ったように、198センチ、121キロの巨漢によるフルスイングは相手投手にとっては不気味だ。ここまで18試合、31打数2安打、打率.065も三振は10と少ない。昨年は7安打で7打点をたたき出している。

 阪神の先発3本柱は比較的打撃がいい。もっか8勝で勝ち頭の藤浪は、ここまで17試合で36打数6安打4打点。打率.167、得点圏打率.444。7勝9敗の能見も16試合、32打数6安打2打点。打率.188、得点圏打率.250とまずまずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  5. 5

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  6. 6

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  7. 7

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  8. 8

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  9. 9

    照ノ富士Vの裏で…白鵬と鶴竜の休場癖に武蔵川親方も苦言

  10. 10

    コロナ対策の意識の違い…腹を立てるなら無策の政府にだろ

もっと見る