• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

本人は自信も 巨人新助っ人カステヤーノスに“3ない”データ

 巨人の新外国人、アレックス・カステヤーノス(28=前メッツ3A)が29日、川崎市のジャイアンツ球場で初練習を行った。キャッチボール、ノック、打撃練習など約1時間。31日に一軍合流予定となっており、「あす、あさってと練習すれば大丈夫」と自信を見せた。

 12球団最下位の打率.239の貧打にあえぐ巨人は4月にも緊急補強。左の長距離砲との触れ込みだったそのフランシスコは、18打数11三振、打率.167でわずか5試合で二軍落ちした。現在は腰痛の治療のため、ドミニカ共和国に帰ったまま戻ってきていない。今回のカステヤーノスはマイナー通算109発がウリ。今度こそ救世主になるのか。大リーグに詳しいスポーツライターの友成那智氏はこう見る。

■メジャーに上がると急激に打てなくなる

「今季は3Aで.314、16本塁打、56打点。打点が多いのが特徴で得点圏打率も.329とまずまずです。5月だけ.195と極端に成績を落としていて好不調の波があります。左投手から.347、右投手から.297。目立つのは二塁打と死球の多さ。二塁打は32で死球は7。特に死球は8シーズンで通算85個とかなり多い。球に食らいついていくタイプの中距離打者。ウイークポイントはチェンジアップやカーブといった緩い変化球に弱く、高めのつり球を空振りするデータが顕著に出ていることです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る