本人は自信も 巨人新助っ人カステヤーノスに“3ない”データ

公開日:  更新日:

 巨人の新外国人、アレックス・カステヤーノス(28=前メッツ3A)が29日、川崎市のジャイアンツ球場で初練習を行った。キャッチボール、ノック、打撃練習など約1時間。31日に一軍合流予定となっており、「あす、あさってと練習すれば大丈夫」と自信を見せた。

 12球団最下位の打率.239の貧打にあえぐ巨人は4月にも緊急補強。左の長距離砲との触れ込みだったそのフランシスコは、18打数11三振、打率.167でわずか5試合で二軍落ちした。現在は腰痛の治療のため、ドミニカ共和国に帰ったまま戻ってきていない。今回のカステヤーノスはマイナー通算109発がウリ。今度こそ救世主になるのか。大リーグに詳しいスポーツライターの友成那智氏はこう見る。

■メジャーに上がると急激に打てなくなる

「今季は3Aで.314、16本塁打、56打点。打点が多いのが特徴で得点圏打率も.329とまずまずです。5月だけ.195と極端に成績を落としていて好不調の波があります。左投手から.347、右投手から.297。目立つのは二塁打と死球の多さ。二塁打は32で死球は7。特に死球は8シーズンで通算85個とかなり多い。球に食らいついていくタイプの中距離打者。ウイークポイントはチェンジアップやカーブといった緩い変化球に弱く、高めのつり球を空振りするデータが顕著に出ていることです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る