本人は自信も 巨人新助っ人カステヤーノスに“3ない”データ

公開日:  更新日:

 巨人の新外国人、アレックス・カステヤーノス(28=前メッツ3A)が29日、川崎市のジャイアンツ球場で初練習を行った。キャッチボール、ノック、打撃練習など約1時間。31日に一軍合流予定となっており、「あす、あさってと練習すれば大丈夫」と自信を見せた。

 12球団最下位の打率.239の貧打にあえぐ巨人は4月にも緊急補強。左の長距離砲との触れ込みだったそのフランシスコは、18打数11三振、打率.167でわずか5試合で二軍落ちした。現在は腰痛の治療のため、ドミニカ共和国に帰ったまま戻ってきていない。今回のカステヤーノスはマイナー通算109発がウリ。今度こそ救世主になるのか。大リーグに詳しいスポーツライターの友成那智氏はこう見る。

■メジャーに上がると急激に打てなくなる

「今季は3Aで.314、16本塁打、56打点。打点が多いのが特徴で得点圏打率も.329とまずまずです。5月だけ.195と極端に成績を落としていて好不調の波があります。左投手から.347、右投手から.297。目立つのは二塁打と死球の多さ。二塁打は32で死球は7。特に死球は8シーズンで通算85個とかなり多い。球に食らいついていくタイプの中距離打者。ウイークポイントはチェンジアップやカーブといった緩い変化球に弱く、高めのつり球を空振りするデータが顕著に出ていることです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る