4冠圏内のヤクルト山田 本塁打&盗塁の2冠王でも“前人未到”

公開日:  更新日:

 4つとは言わずとも、2つだけでも歴史に名を刻める。

 29日の広島戦でヤクルトの山田哲人(23)が4打数3安打、1本塁打の活躍。29日現在、打率.334、24本塁打、19盗塁と3部門でトップに立っている。61打点もリーグ3位。いよいよ前人未到の4冠王も射程圏内である。

 しかし、仮に4冠とならずとも、本塁打王と盗塁王、この2つだけでもプロ野球史上初の大記録だ。かつてこの2つのタイトルを同時に獲得した選手は皆無。長い歴史を誇るメジャーでも、タイ・カッブ、チャック・クライン、ジミー・シェッカードの3人だけ。いずれも戦前の選手だ。

 当たり前の話だが、ホームランを打てば打つほど盗塁の機会は減る。山田は二塁打もリーグ2位の27本と、長打を打てば盗塁も難しくなる。

「履正社のT-岡田の後輩だからT-山田」なんて言われたのも過去の話。山田はタイトルについては「昨季や一昨年は個人成績を意識した。今季はチームのためという気持ちが強い」と無関心を装っているが、そんなことを言わず唯一無二の選手を目指してほしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  6. 6

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  7. 7

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  8. 8

    石原さとみ結婚or破局? 報道が“真っ二つ”に分かれるワケ

  9. 9

    専門家が解説 空き家処分で悩んだら「3つの選択肢」から

  10. 10

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

もっと見る