• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

4冠圏内のヤクルト山田 本塁打&盗塁の2冠王でも“前人未到”

 4つとは言わずとも、2つだけでも歴史に名を刻める。

 29日の広島戦でヤクルトの山田哲人(23)が4打数3安打、1本塁打の活躍。29日現在、打率.334、24本塁打、19盗塁と3部門でトップに立っている。61打点もリーグ3位。いよいよ前人未到の4冠王も射程圏内である。

 しかし、仮に4冠とならずとも、本塁打王と盗塁王、この2つだけでもプロ野球史上初の大記録だ。かつてこの2つのタイトルを同時に獲得した選手は皆無。長い歴史を誇るメジャーでも、タイ・カッブ、チャック・クライン、ジミー・シェッカードの3人だけ。いずれも戦前の選手だ。

 当たり前の話だが、ホームランを打てば打つほど盗塁の機会は減る。山田は二塁打もリーグ2位の27本と、長打を打てば盗塁も難しくなる。

「履正社のT-岡田の後輩だからT-山田」なんて言われたのも過去の話。山田はタイトルについては「昨季や一昨年は個人成績を意識した。今季はチームのためという気持ちが強い」と無関心を装っているが、そんなことを言わず唯一無二の選手を目指してほしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  3. 3

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  6. 6

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  7. 7

    不明朗な土地取引 モリカケそっくり事件が全国に飛び火

  8. 8

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  9. 9

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  10. 10

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

もっと見る