日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
児玉光雄
著者のコラム一覧
児玉光雄追手門学院大学客員教授

47年兵庫生まれ。京大工学部卒業。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)大学院に学び工学修士号を取得。米国オリンピック委員会スポーツ科学部門本部の客員研究員として五輪選手のデータ分析に従事。前鹿屋体育大教授。日本スポーツ心理学会会員、日本体育学会会員。

メジャー席巻の韓国女子プロ 日本との差は「動機付け」と指摘

 現地時間30日から「全英女子オープンゴルフ」が名門ターンベリーで開催され、日本からも数多くの女子プロが参戦する。すでに3つのメジャートーナメントが終了しており、そのうち、全米女子プロゴルフ選手権は韓国のパク・インビが勝ち、全米女子オープンも韓国のチョン・インジが制している。

 米女子ツアーの賞金ランクを見ても、韓国勢の活躍が目立つ。トップ10には1位のパク・インビを含めて4人、トップ20にいたっては9人を韓国勢が占めている。

 日本勢はというと、トップ20には1人もいない。トップ50ですら、宮里美香(29位)と横峯さくら(49位)の2人だけだ。

 日本の女子ツアーに目を向けても韓国勢の隆盛が目を引く。イ・ボミが賞金レースを独走しているし、すでに19戦を終了し韓国勢が7試合を制している。

 この違いはどこから生まれてくるのだろう。私は動機付けの違いが一番の理由であると考えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事