まるで“武士” バットを右肩に眼光鋭くが「清宮スタイル」

公開日: 更新日:

 中学1年の秋、幸太郎は調布シニアに入団すると、打者に専念する。当時で183センチあった幸太郎を安羅岡一樹監督(52)はすぐさま4番に置いた。ところがしばらくして幸太郎は、こう直訴する。

「4番よりも、3番が打ちたい」

 安羅岡監督が理由をたずねると、「1回でも打席が多く回ってきた方がいいんです」と言った。同監督が振り返る。

「打ちたくて打ちたくてしょうがないんですよ。打つことが自分の長所だというのは認識していたし、とにかく打つことを楽しみにしていました」

 練習にはいつも特大サイズの「マイ水筒」を持参し、2リットル以上のスポーツドリンクを飲み干した。幸太郎の顔が隠れるくらいの大きい水筒。練習の合間に水分を人一倍取るため、チームメートがグラウンドに戻っても、ひとりだけ飲んでいることもあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  5. 5

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  8. 7

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  9. 8

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

  10. 9

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る