まるで“武士” バットを右肩に眼光鋭くが「清宮スタイル」

公開日:  更新日:

 中学1年の秋、幸太郎は調布シニアに入団すると、打者に専念する。当時で183センチあった幸太郎を安羅岡一樹監督(52)はすぐさま4番に置いた。ところがしばらくして幸太郎は、こう直訴する。

「4番よりも、3番が打ちたい」

 安羅岡監督が理由をたずねると、「1回でも打席が多く回ってきた方がいいんです」と言った。同監督が振り返る。

「打ちたくて打ちたくてしょうがないんですよ。打つことが自分の長所だというのは認識していたし、とにかく打つことを楽しみにしていました」

 練習にはいつも特大サイズの「マイ水筒」を持参し、2リットル以上のスポーツドリンクを飲み干した。幸太郎の顔が隠れるくらいの大きい水筒。練習の合間に水分を人一倍取るため、チームメートがグラウンドに戻っても、ひとりだけ飲んでいることもあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る