リトルのコーチ証言 清宮は体感150キロの速球を打ち返した

公開日:  更新日:

「メジャーが最終目標です。そこを目指してやっていきます!」

 調布シニアの安羅岡一樹監督(52)は幸太郎が中1の時、こう断言したのを覚えている。

 幸太郎が所属する早実は、西東京予選で東海大菅生との決勝戦に大逆転勝利し、甲子園行きを決めた。

 06年に早実と駒大苫小牧の激闘を観戦。自ら「原点」という甲子園は幸太郎にとってあくまで通過点。将来はプロ野球を経てメジャー挑戦するという青写真を描いているという。中2の時にはこうも言ったそうだ。

「将来は大学に行くのか、高校からプロに行くのか、まだわかりません。でも、どっちを選択するのか、今から楽しみです」

 そんな幸太郎の原点は、小4の終わりに入団した北砂リトルにある。それまで軟式学童チームのオール麻布に所属しながら、ラグビーの元スター選手で今は監督業に専念する父・克幸さん(48)の影響もありラグビーと掛け持ちだったが、北砂リトルに入って野球に専念するようになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  4. 4

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  8. 8

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  9. 9

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る