• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2連発で全開宣言 巨人村田の尻に火を点けた“新助っ人効果”

 5日のヤクルト戦、巨人が村田修一(34)の2打席連続本塁打の活躍で、通算1万試合目を勝利で飾った。

 五回に右中間へソロを放つと、1点ビハインドの七回には2打席連続となる逆転2ランを左翼席へ運んだ。7試合連続安打でこの間、23打数10安打。打率は.246だが、ようやく目が覚めてきた。

 村田が打ち始めたのは先月29日のDeNA戦から。新外国人のアレックス・カステヤーノス(29)が来日初練習を行ったのもこの日だった。球団関係者が明かす。

「カステヤーノスは会見で『三塁と一塁がメーン』と言ったことから、不振が長引く三塁・村田の代役なのは明らかな補強。先週、村田はテストのように一塁で先発出場。4月に三塁もできるという触れ込みで加入したフランシスコは、ライバルにもならずに二軍落ちしたが、助っ人に三塁に定着されたら今度こそやばい。そんな危機感が打撃を覚醒させたんでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  6. 6

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る