2連発で全開宣言 巨人村田の尻に火を点けた“新助っ人効果”

公開日:  更新日:

 5日のヤクルト戦、巨人が村田修一(34)の2打席連続本塁打の活躍で、通算1万試合目を勝利で飾った。

 五回に右中間へソロを放つと、1点ビハインドの七回には2打席連続となる逆転2ランを左翼席へ運んだ。7試合連続安打でこの間、23打数10安打。打率は.246だが、ようやく目が覚めてきた。

 村田が打ち始めたのは先月29日のDeNA戦から。新外国人のアレックス・カステヤーノス(29)が来日初練習を行ったのもこの日だった。球団関係者が明かす。

「カステヤーノスは会見で『三塁と一塁がメーン』と言ったことから、不振が長引く三塁・村田の代役なのは明らかな補強。先週、村田はテストのように一塁で先発出場。4月に三塁もできるという触れ込みで加入したフランシスコは、ライバルにもならずに二軍落ちしたが、助っ人に三塁に定着されたら今度こそやばい。そんな危機感が打撃を覚醒させたんでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    広島1位・小園海斗の成長に一役…父語る400万円の秘密兵器

  10. 10

    歴史は繰り返す 「分断か共生か」の対立が招く3度目の大戦

もっと見る