広島戦39三振の貧打巨人 休養日も“懲罰練習”で雰囲気最悪

公開日:  更新日:

 巨人打線は9日の広島戦も沈黙した。わずか3安打。五回以降はヒットすら出なかった。この日も9三振を喫し、この3連戦で39三振。計30回でたった2得点では勝てるはずもなく、広島に05年以来となる「本拠地3タテ」を食らった。

 試合後、「3安打では」と嘆いた原監督は、前日の試合前に阿部を直接指導したものの、効果は表れず。3番・坂本、4番・長野、5番・阿部のクリーンアップは坂本の内野安打1本のみに終わり、「全員が『オレが決める』という気概を持って戦って欲しい」と定番となった打線への苦言である。あるチーム関係者がこう言う。

「打撃担当コーチは『バットを短く持とう』『粘っていこう』と言うばかりで具体的な打開策を打ち出せない。原監督が毎月のように主力に打撃指導をしているのは、“コーチには任せておけない”ということでしょう。以前、監督は上向かない打線について、『今は種をまいて収穫は10月でいい』と発言していた。10月とはCSから日本シリーズへと続く短期決戦をにらんでのことだが、Bクラスに終わったらポストシーズンなんてない。万策尽きた感はあるし、これから監督はコーチ陣に気を使うことなく、打撃指導をして回るのではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る