• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

広島戦39三振の貧打巨人 休養日も“懲罰練習”で雰囲気最悪

 巨人打線は9日の広島戦も沈黙した。わずか3安打。五回以降はヒットすら出なかった。この日も9三振を喫し、この3連戦で39三振。計30回でたった2得点では勝てるはずもなく、広島に05年以来となる「本拠地3タテ」を食らった。

 試合後、「3安打では」と嘆いた原監督は、前日の試合前に阿部を直接指導したものの、効果は表れず。3番・坂本、4番・長野、5番・阿部のクリーンアップは坂本の内野安打1本のみに終わり、「全員が『オレが決める』という気概を持って戦って欲しい」と定番となった打線への苦言である。あるチーム関係者がこう言う。

「打撃担当コーチは『バットを短く持とう』『粘っていこう』と言うばかりで具体的な打開策を打ち出せない。原監督が毎月のように主力に打撃指導をしているのは、“コーチには任せておけない”ということでしょう。以前、監督は上向かない打線について、『今は種をまいて収穫は10月でいい』と発言していた。10月とはCSから日本シリーズへと続く短期決戦をにらんでのことだが、Bクラスに終わったらポストシーズンなんてない。万策尽きた感はあるし、これから監督はコーチ陣に気を使うことなく、打撃指導をして回るのではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  8. 8

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る