広島戦39三振の貧打巨人 休養日も“懲罰練習”で雰囲気最悪

公開日: 更新日:

 巨人打線は9日の広島戦も沈黙した。わずか3安打。五回以降はヒットすら出なかった。この日も9三振を喫し、この3連戦で39三振。計30回でたった2得点では勝てるはずもなく、広島に05年以来となる「本拠地3タテ」を食らった。

 試合後、「3安打では」と嘆いた原監督は、前日の試合前に阿部を直接指導したものの、効果は表れず。3番・坂本、4番・長野、5番・阿部のクリーンアップは坂本の内野安打1本のみに終わり、「全員が『オレが決める』という気概を持って戦って欲しい」と定番となった打線への苦言である。あるチーム関係者がこう言う。

「打撃担当コーチは『バットを短く持とう』『粘っていこう』と言うばかりで具体的な打開策を打ち出せない。原監督が毎月のように主力に打撃指導をしているのは、“コーチには任せておけない”ということでしょう。以前、監督は上向かない打線について、『今は種をまいて収穫は10月でいい』と発言していた。10月とはCSから日本シリーズへと続く短期決戦をにらんでのことだが、Bクラスに終わったらポストシーズンなんてない。万策尽きた感はあるし、これから監督はコーチ陣に気を使うことなく、打撃指導をして回るのではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  9. 8

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  10. 9

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る