広島戦39三振の貧打巨人 休養日も“懲罰練習”で雰囲気最悪

公開日:  更新日:

 巨人打線は9日の広島戦も沈黙した。わずか3安打。五回以降はヒットすら出なかった。この日も9三振を喫し、この3連戦で39三振。計30回でたった2得点では勝てるはずもなく、広島に05年以来となる「本拠地3タテ」を食らった。

 試合後、「3安打では」と嘆いた原監督は、前日の試合前に阿部を直接指導したものの、効果は表れず。3番・坂本、4番・長野、5番・阿部のクリーンアップは坂本の内野安打1本のみに終わり、「全員が『オレが決める』という気概を持って戦って欲しい」と定番となった打線への苦言である。あるチーム関係者がこう言う。

「打撃担当コーチは『バットを短く持とう』『粘っていこう』と言うばかりで具体的な打開策を打ち出せない。原監督が毎月のように主力に打撃指導をしているのは、“コーチには任せておけない”ということでしょう。以前、監督は上向かない打線について、『今は種をまいて収穫は10月でいい』と発言していた。10月とはCSから日本シリーズへと続く短期決戦をにらんでのことだが、Bクラスに終わったらポストシーズンなんてない。万策尽きた感はあるし、これから監督はコーチ陣に気を使うことなく、打撃指導をして回るのではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る