• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

4打席連続三振で二軍落ち 巨人カステヤーノスは構想外へ

 もう“見納め”になりそうだ。

 6日のヤクルト戦をコンディション不良のため、欠場した巨人のアレックス・カステヤーノス(29)が、7日の広島戦に「7番・左翼」で先発出場。四回2死満塁の好機で空振り三振に倒れるなど、4打席連続三振に終わった。

 巨人は広島のジョンソン、大瀬良、ヒースから21三振を食らい、延長参考記録ながら、球団ワーストを更新する赤っ恥。カステヤーノスの打率はちょうど1割となり、22打席で20打数11三振と三振率は5割以上である。打てない上に“問題児”であることも発覚。試合後に二軍落ちが決まった。

 あるチーム関係者がこう言う。

「スタメン出場の予定だった6日のヤクルト戦を疲労を理由に出場を拒否したんです。その前まで5試合しか出ていないのに『疲れた』では、いくらなんでも、原監督だって怒りますよ。二軍からこの日、急きょアンダーソンを一軍練習に合流させたのも、そんな背景があるからです。すると、カステヤーノスは『今日はいける』と今度は出場を直訴したというんです。さすがに、危機感を持ったんでしょうが……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  8. 8

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

もっと見る