4打席連続三振で二軍落ち 巨人カステヤーノスは構想外へ

公開日:  更新日:

 もう“見納め”になりそうだ。

 6日のヤクルト戦をコンディション不良のため、欠場した巨人のアレックス・カステヤーノス(29)が、7日の広島戦に「7番・左翼」で先発出場。四回2死満塁の好機で空振り三振に倒れるなど、4打席連続三振に終わった。

 巨人は広島のジョンソン、大瀬良、ヒースから21三振を食らい、延長参考記録ながら、球団ワーストを更新する赤っ恥。カステヤーノスの打率はちょうど1割となり、22打席で20打数11三振と三振率は5割以上である。打てない上に“問題児”であることも発覚。試合後に二軍落ちが決まった。

 あるチーム関係者がこう言う。

「スタメン出場の予定だった6日のヤクルト戦を疲労を理由に出場を拒否したんです。その前まで5試合しか出ていないのに『疲れた』では、いくらなんでも、原監督だって怒りますよ。二軍からこの日、急きょアンダーソンを一軍練習に合流させたのも、そんな背景があるからです。すると、カステヤーノスは『今日はいける』と今度は出場を直訴したというんです。さすがに、危機感を持ったんでしょうが……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る