• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

投打コーチは“首寒し”…巨人はリーグVでもチームに大ナタ

 このオフ、巨人に嵐が吹き荒れる。今季いっぱいで2年契約が切れる原監督(57)の去就はもちろん、仮に続投でも、周囲を固めるコーチ陣はただでは済まない。

 まずは12球団最低のチーム打率.239の貧打の責任である。昨季のチーム打率.257もリーグ5位。足掛け2年にわたり、こんなに打てなかったことは、これまでなかった。巨大戦力を抱えながら、いつまでたっても打開策を提示できない打撃担当のコーチたちは首が寒くなって当然である。

 それだけではない。チーム防御率2.87で12球団トップを誇る投手コーチだって安閑とはしていられない。あるチーム関係者がこう言うのだ。

「防御率がいいのは先発陣の踏ん張り。二軍待機を含め、頭数はざっと8人。他球団と比べると圧倒的に層が厚い。問題は防御率3.00の中継ぎなどの救援陣。勝利の方程式の山口は3勝4敗で防御率2.78。マシソンは同2.28ながら7敗(3勝)も喫し、不安定さを露呈している。今季から抑えを務める沢村だって絶対的ではない。特に昨季まで長くチームを牽引してきた山口とマシソンがなぜこうも打たれるのか。原監督は開幕前にマシソンを二軍に落とした際、『メカニックの問題』と言った。でも、そのメカニックを修正できるコーチが誰もいない。指揮官はそこが不満なんです。防御率が3点台に届こうかという深刻な不調に悩む山口もしかり。全体の防御率が良かろうが、終盤の救援陣がリーグV3を支えた原巨人の根幹。そこが揺らぎ、今季からチーフ格に昇格した斎藤投手コーチへの風当たりが強くなっているんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る