投打コーチは“首寒し”…巨人はリーグVでもチームに大ナタ

公開日:  更新日:

 このオフ、巨人に嵐が吹き荒れる。今季いっぱいで2年契約が切れる原監督(57)の去就はもちろん、仮に続投でも、周囲を固めるコーチ陣はただでは済まない。

 まずは12球団最低のチーム打率.239の貧打の責任である。昨季のチーム打率.257もリーグ5位。足掛け2年にわたり、こんなに打てなかったことは、これまでなかった。巨大戦力を抱えながら、いつまでたっても打開策を提示できない打撃担当のコーチたちは首が寒くなって当然である。

 それだけではない。チーム防御率2.87で12球団トップを誇る投手コーチだって安閑とはしていられない。あるチーム関係者がこう言うのだ。

「防御率がいいのは先発陣の踏ん張り。二軍待機を含め、頭数はざっと8人。他球団と比べると圧倒的に層が厚い。問題は防御率3.00の中継ぎなどの救援陣。勝利の方程式の山口は3勝4敗で防御率2.78。マシソンは同2.28ながら7敗(3勝)も喫し、不安定さを露呈している。今季から抑えを務める沢村だって絶対的ではない。特に昨季まで長くチームを牽引してきた山口とマシソンがなぜこうも打たれるのか。原監督は開幕前にマシソンを二軍に落とした際、『メカニックの問題』と言った。でも、そのメカニックを修正できるコーチが誰もいない。指揮官はそこが不満なんです。防御率が3点台に届こうかという深刻な不調に悩む山口もしかり。全体の防御率が良かろうが、終盤の救援陣がリーグV3を支えた原巨人の根幹。そこが揺らぎ、今季からチーフ格に昇格した斎藤投手コーチへの風当たりが強くなっているんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る