28打席無安打の巨人セペダ “打率0割”でも残留濃厚の理由

公開日: 更新日:

 深刻な貧打で4連敗。3位に転落した巨人の元凶のひとつは、4人が在籍している外国人野手が誰ひとり“助っ人”になっていないことだろう。

 が、球団関係者によると、「打率0割」の男に来季残留の可能性があるという。キューバからやってきたフレデリク・セペダ(35)のことだ。

 来日2年目の今季は28打席無安打。かれこれ2カ月間も二軍調整中、にもかかわらずである。中南米野球事情に詳しい球界関係者が明かす。

「キューバ政府との関係でしょう。巨人は今オフこそ打撃力のある野手をキューバから獲得したい意向があるようです。キューバ国内でカリスマ的な人気を誇る35歳のセペダは、近い将来は代表監督を務め、後に政治家転身もささやかれている。キューバ側からすれば、日本での勉強期間は長い方がいい。政府に『セペダとセットで』と条件をつけられても不思議ではないのです。巨人に在籍しているキューバ人投手の21歳メンドーサも有望株で、面倒見、後見人としての役割もある。初年度は契約金と合わせ2億円と高額だった年俸も今季は4000万円。来季は2000万円程度で済むなら、巨人にとっては痛くもかゆくもないということ。ずっと二軍でもマジメ。他の選手に悪影響も及ぼしませんからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る