28打席無安打の巨人セペダ “打率0割”でも残留濃厚の理由

公開日:  更新日:

 深刻な貧打で4連敗。3位に転落した巨人の元凶のひとつは、4人が在籍している外国人野手が誰ひとり“助っ人”になっていないことだろう。

 が、球団関係者によると、「打率0割」の男に来季残留の可能性があるという。キューバからやってきたフレデリク・セペダ(35)のことだ。

 来日2年目の今季は28打席無安打。かれこれ2カ月間も二軍調整中、にもかかわらずである。中南米野球事情に詳しい球界関係者が明かす。

「キューバ政府との関係でしょう。巨人は今オフこそ打撃力のある野手をキューバから獲得したい意向があるようです。キューバ国内でカリスマ的な人気を誇る35歳のセペダは、近い将来は代表監督を務め、後に政治家転身もささやかれている。キューバ側からすれば、日本での勉強期間は長い方がいい。政府に『セペダとセットで』と条件をつけられても不思議ではないのです。巨人に在籍しているキューバ人投手の21歳メンドーサも有望株で、面倒見、後見人としての役割もある。初年度は契約金と合わせ2億円と高額だった年俸も今季は4000万円。来季は2000万円程度で済むなら、巨人にとっては痛くもかゆくもないということ。ずっと二軍でもマジメ。他の選手に悪影響も及ぼしませんからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る