早実が乱打戦制し16強 清宮は“技あり”先制打含む2安打

公開日:  更新日:

“怪物”のバットが先制打を叩き出した。

 早実(西東京)の清宮幸太郎(1年)が13日、ベスト16入りをかけ、好左腕・堀瑞輝(2年)を擁する広島新庄戦に臨んだ。「3番・一塁」で先発出場。第1打席は一回1死一塁から2球で2ストライクと追い込まれると、カウント1-2からの5球目、内角寄りのスライダーにタイミングが合わず、空振り三振に倒れた。

 清宮の第2打席は三回1死一、三塁の好機で回ってきた。2球目の118キロの外角スライダーをバットの先でうまく拾って右前打。1-0と先制し、押せ押せの早実だったが、1死一、二塁からの遊撃ライナーで一塁走者の清宮が飛び出して併殺。この回は1点止まりだった。

 試合は乱打戦になった。早実は3-5と逆転された直後の五回、先頭打者として3打席目に入った清宮の左前打を口火に2点を奪い同点とした。カウント2-1から外角高めの138キロ直球を素直にレフトへはじき返した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  9. 9

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  10. 10

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

もっと見る