早実が乱打戦制し16強 清宮は“技あり”先制打含む2安打

公開日: 更新日:

“怪物”のバットが先制打を叩き出した。

 早実(西東京)の清宮幸太郎(1年)が13日、ベスト16入りをかけ、好左腕・堀瑞輝(2年)を擁する広島新庄戦に臨んだ。「3番・一塁」で先発出場。第1打席は一回1死一塁から2球で2ストライクと追い込まれると、カウント1-2からの5球目、内角寄りのスライダーにタイミングが合わず、空振り三振に倒れた。

 清宮の第2打席は三回1死一、三塁の好機で回ってきた。2球目の118キロの外角スライダーをバットの先でうまく拾って右前打。1-0と先制し、押せ押せの早実だったが、1死一、二塁からの遊撃ライナーで一塁走者の清宮が飛び出して併殺。この回は1点止まりだった。

 試合は乱打戦になった。早実は3-5と逆転された直後の五回、先頭打者として3打席目に入った清宮の左前打を口火に2点を奪い同点とした。カウント2-1から外角高めの138キロ直球を素直にレフトへはじき返した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  4. 4

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  5. 5

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    「Go To トラベル」は存続の危機?観光庁に聞いた30の質問

  8. 8

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  9. 9

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  10. 10

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

もっと見る