• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

菅野でベイに逆転負け 巨人“戦犯”は貧打攻撃陣と評論家指摘

 土壇場で試合が暗転した。13日のDeNA戦。巨人の2-0で八回を終えた。マウンドには、防御率リーグ1位の菅野智之(25)。盤石のそのエースがDeNA打線をわずか2安打に抑えていたから、同一カード3連勝を確信した巨人ベンチには笑顔があった。

 しかし、試合後に笑っていたのは、敵将の中畑監督だった。

「いやあ、奇跡が起きましたね。ヘヘヘヘ」

 九回。菅野が1死から2連続二塁打を浴びて1点を返されると、4番の筒香にまさかの逆転2ランを被弾した。そんな菅野に原監督は苦言を呈した。

「あと3つのアウトが遠かったということ。そこが勉強でしょうね。これからのジャイアンツを担う若いバッテリーがこれを教訓として生かすことが非常に大事ですね」

 評論家の橋本清氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  7. 7

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  8. 8

    「ボラ申し込まなければいい」発言 IOCコーツの正体とカネ

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

もっと見る