• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

智弁和歌山で甲子園 ヤクルト武内が語る高嶋監督の“鬼指導”

「ただ怖いというしかなかった」

 智弁和歌山高の2年夏に全国制覇を果たすなど、3度の甲子園経験があるヤクルト武内晋一(31)がこう振り返るのは高嶋仁監督(69)のことだ。

「もうええわ!」

 春のセンバツ出場が決まり、遠征初日の練習。高嶋監督はノックの最中、ボールが入ったカゴにバットを叩きつけた。

「バーン!」という大きな音とともに、バットが真っ二つに割れた。グラウンドに、一瞬でピンとした緊張感が張り詰めた。

 智弁和歌山は打撃のチームというイメージがあるが、ノックの技術に定評がある名伯楽は、守備や走塁には特に厳しかったという。

「バットを折るのは、初日の1回だけですが、チームを引き締めようという意図があったのだと思います。普段の練習でも、ノックは厳しかったですね。これは僕に限らず、ミスをすると、監督に呼ばれて、ボールを延々とぶつけられたこともあります(苦笑い)。10分くらいの間に、約2箱分くらいだから相当な数ですよね。その間は生きた心地がしませんでしたが、守備や走塁面は相当鍛えられました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  7. 7

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    日本が「国後・択捉」領有権を主張できる根拠は存在しない

  10. 10

    大坂に体作りとコートへの集中力を促したコーチの手練手管

もっと見る