智弁和歌山で甲子園 ヤクルト武内が語る高嶋監督の“鬼指導”

公開日: 更新日:

「ただ怖いというしかなかった」

 智弁和歌山高の2年夏に全国制覇を果たすなど、3度の甲子園経験があるヤクルト武内晋一(31)がこう振り返るのは高嶋仁監督(69)のことだ。

「もうええわ!」

 春のセンバツ出場が決まり、遠征初日の練習。高嶋監督はノックの最中、ボールが入ったカゴにバットを叩きつけた。

「バーン!」という大きな音とともに、バットが真っ二つに割れた。グラウンドに、一瞬でピンとした緊張感が張り詰めた。

 智弁和歌山は打撃のチームというイメージがあるが、ノックの技術に定評がある名伯楽は、守備や走塁には特に厳しかったという。

「バットを折るのは、初日の1回だけですが、チームを引き締めようという意図があったのだと思います。普段の練習でも、ノックは厳しかったですね。これは僕に限らず、ミスをすると、監督に呼ばれて、ボールを延々とぶつけられたこともあります(苦笑い)。10分くらいの間に、約2箱分くらいだから相当な数ですよね。その間は生きた心地がしませんでしたが、守備や走塁面は相当鍛えられました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「栄冠は君に輝く」熱唱 久志モデル伊藤久男の数奇な人生

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  4. 4

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  5. 5

    広瀬すず「嫌いな女優」2位 松田聖子バッシングとの酷似点

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  8. 7

    末期がんで逝った父・三郎 唐沢寿明が演じたモデルと晩年

  9. 8

    金子ノブアキ演じた藤田嗣治とオペラ歌手・三浦環を結ぶ線

  10. 9

    しらじらしい決別 元産経記者ら応援団も安倍と共に去れ

  11. 10

    戦慄100人超え “小池ファースト”が招く感染爆発&医療崩壊

もっと見る