智弁和歌山で甲子園 ヤクルト武内が語る高嶋監督の“鬼指導”

公開日:  更新日:

「ただ怖いというしかなかった」

 智弁和歌山高の2年夏に全国制覇を果たすなど、3度の甲子園経験があるヤクルト武内晋一(31)がこう振り返るのは高嶋仁監督(69)のことだ。

「もうええわ!」

 春のセンバツ出場が決まり、遠征初日の練習。高嶋監督はノックの最中、ボールが入ったカゴにバットを叩きつけた。

「バーン!」という大きな音とともに、バットが真っ二つに割れた。グラウンドに、一瞬でピンとした緊張感が張り詰めた。

 智弁和歌山は打撃のチームというイメージがあるが、ノックの技術に定評がある名伯楽は、守備や走塁には特に厳しかったという。

「バットを折るのは、初日の1回だけですが、チームを引き締めようという意図があったのだと思います。普段の練習でも、ノックは厳しかったですね。これは僕に限らず、ミスをすると、監督に呼ばれて、ボールを延々とぶつけられたこともあります(苦笑い)。10分くらいの間に、約2箱分くらいだから相当な数ですよね。その間は生きた心地がしませんでしたが、守備や走塁面は相当鍛えられました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る