M点灯寸前のソフトバンク 工藤監督の“無色采配”に評価の声

公開日:  更新日:

 混セを尻目にパ・リーグは勝負ありだ。

 首位を独走するソフトバンクは4日の日本ハム戦で先発中田が二回に先制を許すも、強力打線が援護。リーグ2冠(防御率、勝利数)の大谷を五回につかまえ、今宮の適時三塁打と鶴岡の犠飛であっさり逆転すると、同点にされた直後の七回には、無死満塁の好機にまたも今宮が2点適時打で勝ち越し。明石、高田、柳田の3連打でさらに加点し、大谷をKO。この回5点を奪って試合を決めた。ちなみに大谷はプロワーストの9安打7失点で、6月6日の阪神戦以来となる2敗目を喫した。

 これでソフトバンクは2位日ハムとは9.5ゲーム差。5日勝てば、早くも優勝マジック38(引き分けなら39)が点灯する。仮に連勝しなくても、マジック点灯は時間の問題。現在のペースならシーズン90勝超えも濃厚だ。

 試合後の工藤監督は先発中田の投球に関し「七回に本塁打を打たれない配球をしてほしかった」と語ったが、それにしてもこれほど強いチームで采配を振る指揮官の手腕を評価する声はほとんど聞こえてこない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る