• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

M点灯寸前のソフトバンク 工藤監督の“無色采配”に評価の声

 混セを尻目にパ・リーグは勝負ありだ。

 首位を独走するソフトバンクは4日の日本ハム戦で先発中田が二回に先制を許すも、強力打線が援護。リーグ2冠(防御率、勝利数)の大谷を五回につかまえ、今宮の適時三塁打と鶴岡の犠飛であっさり逆転すると、同点にされた直後の七回には、無死満塁の好機にまたも今宮が2点適時打で勝ち越し。明石、高田、柳田の3連打でさらに加点し、大谷をKO。この回5点を奪って試合を決めた。ちなみに大谷はプロワーストの9安打7失点で、6月6日の阪神戦以来となる2敗目を喫した。

 これでソフトバンクは2位日ハムとは9.5ゲーム差。5日勝てば、早くも優勝マジック38(引き分けなら39)が点灯する。仮に連勝しなくても、マジック点灯は時間の問題。現在のペースならシーズン90勝超えも濃厚だ。

 試合後の工藤監督は先発中田の投球に関し「七回に本塁打を打たれない配球をしてほしかった」と語ったが、それにしてもこれほど強いチームで采配を振る指揮官の手腕を評価する声はほとんど聞こえてこない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  4. 4

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  5. 5

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  8. 8

    佐喜真氏はなぜ沖縄県知事選で日本会議との関係を隠すのか

  9. 9

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  10. 10

    ツアーを長く支えた主催者との良好関係を小林会長ブチ壊し

もっと見る