助っ人で明確 首位ソフトBと最下位オリ“金満補強”の決定差

公開日:  更新日:

 最強チームにまた強力なコマが加わった。

 13日のオリックス戦で今季初スタメンを果たしたソフトバンクの助っ人・カニザレス(35)のことだ。

 この助っ人は守護神のサファテ、先発のスタンリッジ、バンデンハーク、中継ぎのバリオス、主砲の李大浩の活躍もあって「6番目の外国人選手」となり、来日2年目の今季は開幕から二軍暮らし。ファームでは14本塁打、44打点の「2冠」を独走しながら、全く一軍からお呼びがかからなかった。

 ところが、スタンリッジが夫人の出産による「育休」に入ったことで、12日に今季初昇格。この日、「7番・DH」で初のスタメン出場のチャンスを得ると、二回の第1打席でいきなり今季1号を左翼席に叩き込むなど、4打数2安打2打点の大活躍を見せた。

 有り余る戦力もゲームに出せば即仕事をするソフトバンクと対照的なのが、大敗を喫したオリックスだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る