早実完封負け…鮮烈デビューの清宮は通算19打数9安打2HR

公開日:  更新日:

 早実の清宮幸太郎が19日の準決勝、対仙台育英戦で5試合連続安打を放った。

 仙台育英の3点リードを追う三回だ。2死一、二塁で、この日2度目の打席が回った。

 マウンド上は仙台育英の右腕佐藤。初球、143キロの外角高めストレートを振り抜くも、ボールの上っ面をたたいてしまう。バウンドした打球は二遊間へ。二塁手が回り込んで捕球したが、体勢が逆で二塁ベースにタッチできない。バックスクリーンに「H」のランプがともった。

 初回の1打席目は二ゴロ併殺だった。1死一塁で打席へ。1-1からの3球目、外角低めに鋭く落ちるフォークを打ちにいって、バットは空を切る。それまで経験したことのないような変化球だったか、清宮は打席で思わず苦笑いを浮かべた。続く4球目140キロのストレートを打ちにいって、やはりボールの上っ面をたたいてしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る