仙台育英・佐々木監督語る “県外出身者”勧誘に消極的な理由

公開日:  更新日:

 あす登場する仙台育英(宮城)は言わずと知れた甲子園常連校。例年、ベンチ入りメンバーの中に他都道府県出身の野球留学生がごまんといるが、今年は4人。選手集めの方針に何か変化があったのか、佐々木順一朗監督(55)に話を聞いた。

――今回は県外出身者が4人。8人いた年もありましたが、今年は少ないですね?

「そうでもないですよ。確かにウチは県外出身者はいますけど、その年その年で人数は違うんですよ。例えばヤクルトにいる由規がいた07年は1人を除いて、全員地元の子でした。現在の4人もむしろ頑張ってレギュラーを勝ち取った選手です」

――主力はあくまで地元の選手だと。

「そうですね。それによく勘違いされるんですけど、私は県外も県内も含めて、自分から選手を勧誘したことは一度もないんですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る