早実の怪物・清宮が与えた衝撃の数字に日テレ&巨人“垂涎”

公開日:  更新日:

「土曜の午前中にこの数字。これはちょっとあり得ない」

 日本テレビのスポーツ担当者がこう舌を巻く。

 NHK総合が中継し、早実の清宮が甲子園1号を放った15日の3回戦・東海大甲府(山梨)戦が関東地区で平均17.7%(ビデオリサーチ調べ、以下同)17日、分かったのだ。さらに2号を打った準々決勝・九州国際大付(福岡)戦は、平均16.2%をマークしている。

 この日テレ関係者が、「是が非でも巨人に欲しい」と力を込めるのは、今の巨人にそれだけ危機感を持っているからだ。

 たとえば今年のオールスター。ファン投票で選出されたのは、中継ぎ部門の山口ただ一人という惨状だった。球団関係者もこう言う。

「戦後の球団史上最年少主将に就任した坂本がファン投票の遊撃部門で3位。防御率リーグトップのエース菅野が先発投手で8位だった。はっきりいって“惨敗”です。これは、球団内にも衝撃を与えた。かねて次期監督の有力候補に松井秀喜の名前が挙がるのももちろん、人気面の起爆剤が欲しいから。朝一番の試合で18%近い視聴率を取り、甲子園をパニックにする集客力。2年後と言わずに今すぐ欲しい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る