• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

早実の怪物・清宮が与えた衝撃の数字に日テレ&巨人“垂涎”

「土曜の午前中にこの数字。これはちょっとあり得ない」

 日本テレビのスポーツ担当者がこう舌を巻く。

 NHK総合が中継し、早実の清宮が甲子園1号を放った15日の3回戦・東海大甲府(山梨)戦が関東地区で平均17.7%(ビデオリサーチ調べ、以下同)17日、分かったのだ。さらに2号を打った準々決勝・九州国際大付(福岡)戦は、平均16.2%をマークしている。

 この日テレ関係者が、「是が非でも巨人に欲しい」と力を込めるのは、今の巨人にそれだけ危機感を持っているからだ。

 たとえば今年のオールスター。ファン投票で選出されたのは、中継ぎ部門の山口ただ一人という惨状だった。球団関係者もこう言う。

「戦後の球団史上最年少主将に就任した坂本がファン投票の遊撃部門で3位。防御率リーグトップのエース菅野が先発投手で8位だった。はっきりいって“惨敗”です。これは、球団内にも衝撃を与えた。かねて次期監督の有力候補に松井秀喜の名前が挙がるのももちろん、人気面の起爆剤が欲しいから。朝一番の試合で18%近い視聴率を取り、甲子園をパニックにする集客力。2年後と言わずに今すぐ欲しい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る