助っ人打者全滅の貧打巨人 虎退団濃厚のマートン獲得に本腰

公開日:  更新日:

 水面下で争奪戦が始まりそうだ。昨季の首位打者、阪神のマット・マートン(33)のことだ。

 今季はスタメン落ちを経験するなど精彩を欠いた。打率こそ.293まで上げてきたものの、度重なる左翼の緩慢守備が球団内で問題視されているという。加えて年俸は4億5000万円と超高額。阪神のOBが言う。

「左翼のまずい守備は投手陣からブーイングが出ているし、今年は3割も打っていない。球団は本塁打が少ない(7本)ことも不満に感じている。年俸が高過ぎるため、来季は契約しないことが濃厚のようです」

 そこで巨人である。

 19日の阪神戦。0-3の五回に打線が爆発した。球団タイ記録の1イニング10安打、リーグタイ記録の1イニング6二塁打で一挙12得点。が、原監督は「きっかけ? そうねえ……。残り試合的にねえ……。5、6月ならその言葉は使えるだろうけど……」と遮った。確かにすでに112試合目で、チーム打率.241はいまだリーグ最低。この2試合打ったくらいでは信用できないというわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  5. 5

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  6. 6

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

もっと見る