助っ人打者全滅の貧打巨人 虎退団濃厚のマートン獲得に本腰

公開日: 更新日:

■二回には“売り込み弾”

 要因のひとつは外国人勢だ。昨季から在籍するアンダーソン、セペダ、今季途中加入のフランシスコ、カステヤーノスの助っ人打者4人が全滅だったことが貧打に拍車をかけた。

 来季へ向け、巨人は国内他球団の外国人打者の動向を例年以上に調査する意向だという。左翼の守備が緩慢だろうがなかろうが、首位打者と最多安打3度という輝かしい実績を誇るマートンは、巨人にとって筆頭候補に挙がる優良助っ人であることは間違いない。

 そのことはマートンも感じているようだ。阪神は「本塁打が少ない」と言っているというが、この日の二回に左翼席上段に豪快な先制弾。前出の阪神OBが続ける。

「現在の4.5億円に近い高額年俸を保証してくれそうなのは、国内では巨人とソフトバンクオリックスくらい。もうすぐ34歳になることから、メジャーに戻る気はさらさらない。広い甲子園から狭い東京ドームに本拠地が移れば、軽々2ケタ本塁打の自信はあるでしょう。自身を現状維持程度の高値で売り込む意味でも、この日の本塁打のように、これからの巨人戦はギアを上げて臨むでしょう」

 2試合連続で巨人にボコボコにやられ、1.5差に迫られた泣きっ面の阪神。マートンが来季、宿敵巨人へ移籍することになればショック倍増だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  4. 4

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  9. 9

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る