オリ岩崎語る 東海大相模・門馬監督“理不尽ノルマ”の真意

公開日:  更新日:

 夏の甲子園準決勝で関東一(東東京)を10対3と下し5年ぶりの決勝進出を果たした東海大相模(神奈川)は、横浜と並ぶ神奈川屈指の強豪校。練習の厳しさもさることながら、オリックスの内野手・岩崎恭平(29)が「練習よりつらかった」と苦笑いを浮かべながら語ってくれたのが、「練習試合でのノルマ」だった。

「他の世代で行われていたかは不明ですが、少なくとも僕らの時代には監督(門馬監督)が、練習試合の途中で突如、ベンチ入りの選手全員にノルマを課していた。例えば、10-0で勝っていても六回ぐらいに監督がボソッと『これからの3イニングであと5点取れ』とか、『次の回だけで3点取れ』という指示を出すわけです。せっかく大量リードしても、この一言でベンチが凍りつく。当時はいつ指示が出るかわからなかったので本当に嫌でしたね」

 監督の指示は絶対。ノルマが達成できなければ、たとえ試合に圧勝しても「罰」を受けた。それが「相模名物」ともいわれる「ポール間ダッシュ」だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る