• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

オリ岩崎語る 東海大相模・門馬監督“理不尽ノルマ”の真意

 夏の甲子園準決勝で関東一(東東京)を10対3と下し5年ぶりの決勝進出を果たした東海大相模(神奈川)は、横浜と並ぶ神奈川屈指の強豪校。練習の厳しさもさることながら、オリックスの内野手・岩崎恭平(29)が「練習よりつらかった」と苦笑いを浮かべながら語ってくれたのが、「練習試合でのノルマ」だった。

「他の世代で行われていたかは不明ですが、少なくとも僕らの時代には監督(門馬監督)が、練習試合の途中で突如、ベンチ入りの選手全員にノルマを課していた。例えば、10-0で勝っていても六回ぐらいに監督がボソッと『これからの3イニングであと5点取れ』とか、『次の回だけで3点取れ』という指示を出すわけです。せっかく大量リードしても、この一言でベンチが凍りつく。当時はいつ指示が出るかわからなかったので本当に嫌でしたね」

 監督の指示は絶対。ノルマが達成できなければ、たとえ試合に圧勝しても「罰」を受けた。それが「相模名物」ともいわれる「ポール間ダッシュ」だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  9. 9

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る