オリ岩崎語る 東海大相模・門馬監督“理不尽ノルマ”の真意

公開日: 更新日:

 夏の甲子園準決勝で関東一(東東京)を10対3と下し5年ぶりの決勝進出を果たした東海大相模(神奈川)は、横浜と並ぶ神奈川屈指の強豪校。練習の厳しさもさることながら、オリックスの内野手・岩崎恭平(29)が「練習よりつらかった」と苦笑いを浮かべながら語ってくれたのが、「練習試合でのノルマ」だった。

「他の世代で行われていたかは不明ですが、少なくとも僕らの時代には監督(門馬監督)が、練習試合の途中で突如、ベンチ入りの選手全員にノルマを課していた。例えば、10-0で勝っていても六回ぐらいに監督がボソッと『これからの3イニングであと5点取れ』とか、『次の回だけで3点取れ』という指示を出すわけです。せっかく大量リードしても、この一言でベンチが凍りつく。当時はいつ指示が出るかわからなかったので本当に嫌でしたね」

 監督の指示は絶対。ノルマが達成できなければ、たとえ試合に圧勝しても「罰」を受けた。それが「相模名物」ともいわれる「ポール間ダッシュ」だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  2. 2

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  3. 3

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  4. 4

    ハンディ乗り越え…深田恭子「ルパンの娘」に大化けの予感

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    NHKとテレ東は参院選開票特番「もう、やめたい」が本音

  7. 7

    「ぎぼむす」vs「奥様は、」綾瀬はるか次回作の熾烈争奪戦

  8. 8

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  9. 9

    「Heaven?」好発進は“PR効果”?石原さとみに訪れた正念場

  10. 10

    コンビでカビ臭い部屋に住む宮下草薙 私生活は「真逆」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る