燕守護神バーネットにんまり…2球で“ごっつぁんセーブ”

公開日:  更新日:

 30日、ヤクルトは試合中盤に打線爆発。四回満塁の場面で大引が走者一掃の三塁打を打てば、先発の館山にもプロ2号となる3ランが飛び出した。その後もバットは止まらず、八回表までに11-1と阪神に圧勝ペースだった。

 ところが、ヤクルトの「打高投低」は相変わらず。八回裏に3点を返されると、九回から登板した久古もメッタ打ちに遭い、瞬く間に4失点。あっという間に11-8と3点差まで詰め寄られた。

 この時点で2死だったが、真中監督はたまらず、守護神バーネットをコール。悠々とマウンドに上がった右腕は2球で梅野を左飛に抑え、ゲームセットとなった。

 バーネットは予定外の緊急登板とはいえ、言うことなしだろう。なにせダメ投手陣のおかげで大量リードが3点差までに詰め寄られ、出番と共にセーブも稼げた。彼ら助っ人は成績に応じて出来高がつくから、たったの2球で「ごっつぁん」だ。

 1セーブの値段がいくらかはわからないが、費用対効果は抜群。バーネットにとってはボロ試合さまさまだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る