燕守護神バーネットにんまり…2球で“ごっつぁんセーブ”

公開日: 更新日:

 30日、ヤクルトは試合中盤に打線爆発。四回満塁の場面で大引が走者一掃の三塁打を打てば、先発の館山にもプロ2号となる3ランが飛び出した。その後もバットは止まらず、八回表までに11-1と阪神に圧勝ペースだった。

 ところが、ヤクルトの「打高投低」は相変わらず。八回裏に3点を返されると、九回から登板した久古もメッタ打ちに遭い、瞬く間に4失点。あっという間に11-8と3点差まで詰め寄られた。

 この時点で2死だったが、真中監督はたまらず、守護神バーネットをコール。悠々とマウンドに上がった右腕は2球で梅野を左飛に抑え、ゲームセットとなった。

 バーネットは予定外の緊急登板とはいえ、言うことなしだろう。なにせダメ投手陣のおかげで大量リードが3点差までに詰め寄られ、出番と共にセーブも稼げた。彼ら助っ人は成績に応じて出来高がつくから、たったの2球で「ごっつぁん」だ。

 1セーブの値段がいくらかはわからないが、費用対効果は抜群。バーネットにとってはボロ試合さまさまだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

  10. 10

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

もっと見る