燕守護神バーネットにんまり…2球で“ごっつぁんセーブ”

公開日: 更新日:

 30日、ヤクルトは試合中盤に打線爆発。四回満塁の場面で大引が走者一掃の三塁打を打てば、先発の館山にもプロ2号となる3ランが飛び出した。その後もバットは止まらず、八回表までに11-1と阪神に圧勝ペースだった。

 ところが、ヤクルトの「打高投低」は相変わらず。八回裏に3点を返されると、九回から登板した久古もメッタ打ちに遭い、瞬く間に4失点。あっという間に11-8と3点差まで詰め寄られた。

 この時点で2死だったが、真中監督はたまらず、守護神バーネットをコール。悠々とマウンドに上がった右腕は2球で梅野を左飛に抑え、ゲームセットとなった。

 バーネットは予定外の緊急登板とはいえ、言うことなしだろう。なにせダメ投手陣のおかげで大量リードが3点差までに詰め寄られ、出番と共にセーブも稼げた。彼ら助っ人は成績に応じて出来高がつくから、たったの2球で「ごっつぁん」だ。

 1セーブの値段がいくらかはわからないが、費用対効果は抜群。バーネットにとってはボロ試合さまさまだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  2. 2

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  3. 3

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  4. 4

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  5. 5

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  6. 6

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  9. 9

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  10. 10

    錦織圭を輩出 盛田正明氏が私財投じ財団を立ち上げた深層

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る