怠惰と慢心にファン怒り 右肩手術の松坂を待つさらなる孤立

公開日:  更新日:

<まだ、いたの?><とっくに今季絶望だろ><年俸返せ!>

 ネット上にはそんな声があふれている。

 ソフトバンクの松坂大輔(34)が18日、関東地方の病院で右肩の内視鏡手術を行った。実戦復帰まで約6カ月の見込み。今季絶望である。

 今季9年ぶりに日本球界に復帰した「平成の怪物」は、オープン戦で右肩の不調を訴え、開幕からファーム暮らし。5月の二軍戦で一度は実戦復帰したものの、再び肩の異常を訴えペースダウンを余儀なくされていた。その後は二軍施設でトレーニングを続けていたが、回復の兆しが見込めないことから今回の手術に至ったという。

 3年総額12億円という超破格契約を結びながら、今季は結局、公式戦で1球も投げずじまい。期待したファンの怒り、嘲笑はもっともだが、さすがに本人もこんな事態は予想していなかっただろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る