中村“王超え”満塁弾で援護 西武ドラ1高橋光成がプロ初勝利

公開日: 更新日:

「こうやって喜んでもらえるように、これからも頑張りたい」

 9日、西武ドラフト1位右腕・高橋光成(18=前橋育英)がプロ初勝利を挙げた。5四球の暴れっぷりも、最速149キロの直球を軸にスライダー、フォークを交えて六回途中まで無失点。主砲の中村が「王貞治超え」となるプロ野球新記録の16本目の満塁本塁打で援護し、高卒新人としては両リーグ通して初勝利となった。

 高校2年だった13年夏の甲子園優勝投手。「1年後は間違いなくドラ1」と言われたが、3年春に右手親指を骨折。一時はプロの評価を落とした。同年夏に日本代表のエースとして「18U」に出場。復活をアピールすると、同じ群馬出身の渡辺SDが「潜在能力が高く、指先の感覚が優れている」と高評価。ドラフト前に1位指名を公言し、単独指名に成功した。

 じっくり鍛えるためにキャンプは二軍スタート。二軍では13試合に登板し、4勝4敗、防御率3.69。好不調の波があり、この日のように四球を連発することもある。プロ初登板初先発だった2日のソフトバンク戦は四回途中4失点と打ち込まれたが、直球の割合を増やして修正した。3月の教育リーグでは最速154キロを投げている。

 先々が楽しみなスター候補だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  5. 5

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  8. 7

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  9. 8

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

  10. 9

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る