オリ森脇前監督はSA…プロ野球界に氾濫「横文字」役職の謎

公開日:  更新日:

 球界にまたひとり、横文字の役職者が誕生した。

 27日、オリックスが9月1日付で森脇浩司前監督(55)のSA(シニアアドバイザー)就任を発表した。

 森脇前監督は去る6月、低迷の責任を取る形で休養。それがわずか3カ月足らずで、SA就任である。

 そもそも昨今の球界には、意味のわからない横文字の役職が氾濫している。今回の森脇SAと同様、楽天の星野SAやヤクルトの小川SD(シニアディレクター)、西武の渡辺SD、阪神の掛布DC(GM付育成&打撃コーディネーター)もそう。日本ハムの稲葉篤紀SCO(スポーツ・コミュニティー・オフィサー)なんて、訳が分からない役職名すらある。

 きちんと仕事をしている人も中にはいるが、球団がわざわざ給料を払って横文字役職者を雇う理由は「口封じ」「世間体」「保険」などではないか。外部に情報をバラされたらマズい。いきなりクビじゃ球団が冷たいと思われる。ゆくゆくは仕事をさせたいからいまからツバをつけておく……。おおかた、そんなところだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る