アジア勢に苦戦は「選手の問題」 鬼ハリル“戦犯”扱いに異論

公開日: 更新日:

 NHK・BSが放送したW杯2次予選カンボジア戦(3日)で解説を務めた元日本代表MF木村和司氏が「あの(ハリルホジッチの)態度が気に入らない。自分のチームなのに『なぜなんだ?』という態度をとるじゃないですか」と言っていた。

 確かに試合中、ベンチ前で仁王立ちのハリルホジッチ監督(63)は、選手がミスするたびに両手を広げながら大声を発し、ひとたび頭に血がのぼると足元のペットボトルを蹴り上げることもしばしばである。

 ピッチ外でも「所属クラブでレギュラーじゃないと代表に呼ばない」と断言。「体調管理ができないヤツは呼ばない」と言い放ち、体脂肪の数字が意に沿わないとネチネチ嫌みを言い続ける。

 そんな指揮官に選手たちは戦々恐々。気に入られようと顔色をうかがいながらプレーしている。するとスポーツ紙などマスコミも「監督の指令によって管理されてチームの雰囲気は暗い。選手は持ち味の40%くらいしか発揮できていない。明らかに弱体化している」とアジア相手に四苦八苦している日本代表の「戦犯は指揮官だ!」と一大キャンペーンである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  7. 7

    遅刻の虎藤浪は無期限二軍も…「メジャー挑戦が最善」の声

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  10. 10

    安藤裕氏 コロナ禍こそ平成の経済対策に終止符を打つべき

もっと見る