アジア勢に苦戦は「選手の問題」 鬼ハリル“戦犯”扱いに異論

公開日:  更新日:

 NHK・BSが放送したW杯2次予選カンボジア戦(3日)で解説を務めた元日本代表MF木村和司氏が「あの(ハリルホジッチの)態度が気に入らない。自分のチームなのに『なぜなんだ?』という態度をとるじゃないですか」と言っていた。

 確かに試合中、ベンチ前で仁王立ちのハリルホジッチ監督(63)は、選手がミスするたびに両手を広げながら大声を発し、ひとたび頭に血がのぼると足元のペットボトルを蹴り上げることもしばしばである。

 ピッチ外でも「所属クラブでレギュラーじゃないと代表に呼ばない」と断言。「体調管理ができないヤツは呼ばない」と言い放ち、体脂肪の数字が意に沿わないとネチネチ嫌みを言い続ける。

 そんな指揮官に選手たちは戦々恐々。気に入られようと顔色をうかがいながらプレーしている。するとスポーツ紙などマスコミも「監督の指令によって管理されてチームの雰囲気は暗い。選手は持ち味の40%くらいしか発揮できていない。明らかに弱体化している」とアジア相手に四苦八苦している日本代表の「戦犯は指揮官だ!」と一大キャンペーンである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る