なぜ12%? ハリル監督「体脂肪率」管理に専門家から疑問の声

公開日: 更新日:

 W杯アジア2次予選に向けたサッカー日本代表の合宿で「あの問題」がまた話題になっている。ハリルホジッチ監督の「体脂肪チェック」だ。

 就任直後から「数値が高いと故障するリスクが高まる」と選手の体脂肪率を細かくチェックし、3月には宇佐美の数値(14.1%)にダメ出し。今回の合宿でも初日に12%をオーバーした4選手(西川、遠藤、宇佐美、興梠)を呼び出し、「体脂肪率が高い。数値の落とし方をトレーナーと話すように」と不満顔だった。

 旧ユーゴ・ナショナルスキーチームのコーチ経験があり、フィジカルトレーナーの平山昌弘氏は、「何を根拠にハリルが12%にこだわるのか理解できない」とこう続ける。

「体内の脂肪は個人差もありますし、適度な脂肪があった方がいいこともあります。実際、体のエネルギー燃焼は、体内の酸素が枯渇した後に脂肪が燃えて、それがエネルギーに変わります。ある程度の脂肪がないと、エネルギー不足に陥ることもある。宇佐美の14%も興梠の16%も、サッカー選手として指摘されるほど悪い数値ではありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  3. 3

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  4. 4

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  5. 5

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  6. 6

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  7. 7

    無許可で造った“ゲリラ花壇”を発見した市職員の粋な対応

  8. 8

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  9. 9

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

  10. 10

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る