なぜ12%? ハリル監督「体脂肪率」管理に専門家から疑問の声

公開日:  更新日:

 W杯アジア2次予選に向けたサッカー日本代表の合宿で「あの問題」がまた話題になっている。ハリルホジッチ監督の「体脂肪チェック」だ。

 就任直後から「数値が高いと故障するリスクが高まる」と選手の体脂肪率を細かくチェックし、3月には宇佐美の数値(14.1%)にダメ出し。今回の合宿でも初日に12%をオーバーした4選手(西川、遠藤、宇佐美、興梠)を呼び出し、「体脂肪率が高い。数値の落とし方をトレーナーと話すように」と不満顔だった。

 旧ユーゴ・ナショナルスキーチームのコーチ経験があり、フィジカルトレーナーの平山昌弘氏は、「何を根拠にハリルが12%にこだわるのか理解できない」とこう続ける。

「体内の脂肪は個人差もありますし、適度な脂肪があった方がいいこともあります。実際、体のエネルギー燃焼は、体内の酸素が枯渇した後に脂肪が燃えて、それがエネルギーに変わります。ある程度の脂肪がないと、エネルギー不足に陥ることもある。宇佐美の14%も興梠の16%も、サッカー選手として指摘されるほど悪い数値ではありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る