• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

なぜ12%? ハリル監督「体脂肪率」管理に専門家から疑問の声

 W杯アジア2次予選に向けたサッカー日本代表の合宿で「あの問題」がまた話題になっている。ハリルホジッチ監督の「体脂肪チェック」だ。

 就任直後から「数値が高いと故障するリスクが高まる」と選手の体脂肪率を細かくチェックし、3月には宇佐美の数値(14.1%)にダメ出し。今回の合宿でも初日に12%をオーバーした4選手(西川、遠藤、宇佐美、興梠)を呼び出し、「体脂肪率が高い。数値の落とし方をトレーナーと話すように」と不満顔だった。

 旧ユーゴ・ナショナルスキーチームのコーチ経験があり、フィジカルトレーナーの平山昌弘氏は、「何を根拠にハリルが12%にこだわるのか理解できない」とこう続ける。

「体内の脂肪は個人差もありますし、適度な脂肪があった方がいいこともあります。実際、体のエネルギー燃焼は、体内の酸素が枯渇した後に脂肪が燃えて、それがエネルギーに変わります。ある程度の脂肪がないと、エネルギー不足に陥ることもある。宇佐美の14%も興梠の16%も、サッカー選手として指摘されるほど悪い数値ではありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る