アジア2次予選初白星も ハリル監督を待つ「Jリーグ」という敵

公開日: 更新日:

 ハリルホジッチ監督率いる日本代表が、ロシアW杯アジア2次予選で初白星を挙げた。といっても、対戦相手のカンボジア代表のFIFA世界ランクは180位。同56位の日本と比べるまでもなく、サッカー弱小国グループのひとつである。

 そのカンボジアは、ホームのW杯予選シンガポール戦(6月11日)に6万3000人もの大観衆が詰めかけるほど、サッカー人気で盛り上がっているが、日本戦を前に国内では「開始何分までに先制されるか?」「失点はひとケタか? ふたケタか?」のトトカルチョが人気だったという。

 試合は、キックオフ直後から日本が圧倒的に攻め入ったが、先制点は28分にMF本田が強烈左足シュートを叩き込むまで決まらなかった。

 前半が終わった段階でカンボジアの選手たちは疲労困憊。後半5分にDF吉田が2点目を、16分に香川が3点目を決めたが、終わってみればシュート34本を放ちながら3点止まり。日本の決定力不足が際立ち、過半数が23歳以下と若手主体のカンボジア選手の奮闘ぶりが印象に残った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  2. 2

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  3. 3

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  4. 4

    ハンディ乗り越え…深田恭子「ルパンの娘」に大化けの予感

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    NHKとテレ東は参院選開票特番「もう、やめたい」が本音

  7. 7

    「ぎぼむす」vs「奥様は、」綾瀬はるか次回作の熾烈争奪戦

  8. 8

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  9. 9

    「Heaven?」好発進は“PR効果”?石原さとみに訪れた正念場

  10. 10

    コンビでカビ臭い部屋に住む宮下草薙 私生活は「真逆」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る