アジア2次予選初白星も ハリル監督を待つ「Jリーグ」という敵

公開日:  更新日:

 ハリルホジッチ監督率いる日本代表が、ロシアW杯アジア2次予選で初白星を挙げた。といっても、対戦相手のカンボジア代表のFIFA世界ランクは180位。同56位の日本と比べるまでもなく、サッカー弱小国グループのひとつである。

 そのカンボジアは、ホームのW杯予選シンガポール戦(6月11日)に6万3000人もの大観衆が詰めかけるほど、サッカー人気で盛り上がっているが、日本戦を前に国内では「開始何分までに先制されるか?」「失点はひとケタか? ふたケタか?」のトトカルチョが人気だったという。

 試合は、キックオフ直後から日本が圧倒的に攻め入ったが、先制点は28分にMF本田が強烈左足シュートを叩き込むまで決まらなかった。

 前半が終わった段階でカンボジアの選手たちは疲労困憊。後半5分にDF吉田が2点目を、16分に香川が3点目を決めたが、終わってみればシュート34本を放ちながら3点止まり。日本の決定力不足が際立ち、過半数が23歳以下と若手主体のカンボジア選手の奮闘ぶりが印象に残った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る