アジア2次予選初白星も ハリル監督を待つ「Jリーグ」という敵

公開日: 更新日:

 ハリルホジッチ監督率いる日本代表が、ロシアW杯アジア2次予選で初白星を挙げた。といっても、対戦相手のカンボジア代表のFIFA世界ランクは180位。同56位の日本と比べるまでもなく、サッカー弱小国グループのひとつである。

 そのカンボジアは、ホームのW杯予選シンガポール戦(6月11日)に6万3000人もの大観衆が詰めかけるほど、サッカー人気で盛り上がっているが、日本戦を前に国内では「開始何分までに先制されるか?」「失点はひとケタか? ふたケタか?」のトトカルチョが人気だったという。

 試合は、キックオフ直後から日本が圧倒的に攻め入ったが、先制点は28分にMF本田が強烈左足シュートを叩き込むまで決まらなかった。

 前半が終わった段階でカンボジアの選手たちは疲労困憊。後半5分にDF吉田が2点目を、16分に香川が3点目を決めたが、終わってみればシュート34本を放ちながら3点止まり。日本の決定力不足が際立ち、過半数が23歳以下と若手主体のカンボジア選手の奮闘ぶりが印象に残った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 2
    自民党総裁選を「野田聖子票」が撹乱 論戦で他候補をグサリ、安倍・麻生・岸田連合はビクビク

    自民党総裁選を「野田聖子票」が撹乱 論戦で他候補をグサリ、安倍・麻生・岸田連合はビクビク

  3. 3
    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

  4. 4
    自民党総裁選は1回目投票から「1位・岸田」の票読みまで飛び交い…河野陣営“甘すぎる皮算用”

    自民党総裁選は1回目投票から「1位・岸田」の票読みまで飛び交い…河野陣営“甘すぎる皮算用”

  5. 5
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

もっと見る

  1. 6
    「新しい地図」は“東方神起パターン”で地上波復活へ Eテレ登場で大賑わい!

    「新しい地図」は“東方神起パターン”で地上波復活へ Eテレ登場で大賑わい!

  2. 7
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  3. 8
    元祖“陰キャ”アイドル中川翔子が魅せた「36歳純白ビキニ」の底力 動画再生800万回突破!

    元祖“陰キャ”アイドル中川翔子が魅せた「36歳純白ビキニ」の底力 動画再生800万回突破!

  4. 9
    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

  5. 10
    森友問題「再調査しない」と断言する総裁候補3人は、赤木雅子さんの奮闘ぶりを知るべき

    森友問題「再調査しない」と断言する総裁候補3人は、赤木雅子さんの奮闘ぶりを知るべき