• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ソフトB余裕しゃくしゃく “来季戦力テスト”の東浜が初勝利

「なんでこの時期に?」と思ったファンも多いだろう。

 8日の日本ハム戦に先発したソフトバンクの東浜巨(25)。今季3試合目、4月16日以来というのだから、約5カ月ぶりの一軍マウンドだ。6日には帆足が今季2度目の先発をしたばかり。通常のローテならスタンリッジ、寺原が投げるはずが、いずれも登録抹消されている。

 ソフトバンクは6日にCS進出を決め、優勝も時間の問題。余裕があるので、早くも来季を見据えてさまざまな選手を試すことができる。工藤監督は就任1年目だけに、自分の目で選手を見たいという思いもあるだろう。先発転向1年目で今季は一軍に投げさせない予定の千賀を8月に昇格させたのも、そうした首脳陣の意向という。

 さらに言えば、あまりに早くリーグ優勝をしても、消化試合が増えるだけ。「後はCSを待つばかり」となれば、客足にも影響しかねない。やっきになって勝ちに行く必要はないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る