• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

スカウト注目 駒大・今永の「復活登板」落合GMに朗報のワケ

 神宮のスタンドには10球団近いスカウトが陣取り、改めて注目度の高さを見せつけた。

 春先に左肩痛を発症して長期離脱していた今秋ドラフト1位候補の今永昇太(駒大4年)が、11日の日大戦で昨年11月の明治神宮大会以来となる登板を果たした。

 延長十二回、3番手で登板した左腕は、1回1安打2四球ながら最速は自己最速に迫る147キロをマーク。「ケガをする前の自分は捨て、新しい自分をつくる気持ちで日々取り組んできた」と、復活に向けての第一歩を踏んだ。

 この今永の復帰登板、中日の落合GMにとっては朗報だったに違いない。マスコミ関係者が言う。

「落合GMは、今年のアマ視察の第1弾として駒大のキャンプを訪れ、チェックしたほど今永に注目していた。しかし、中日は、今永ら即戦力投手を1位指名でいきたい落合GMと、地元の逸材として高校生の高橋純平(県岐阜商)の1位方針を固めるスカウト陣とでまだ意見のすり合わせができていない。左肩にキズがある今永がこのままロクに投げられない状況が続けば、スカウト陣は高橋純平の1位をプッシュしやすかったわけですが、この日、今永が1イニングとはいえ、投げられる姿を見せたことで、1位指名の最終決定はまだ時間がかかるでしょう」

 むろん、中日が本当に1位でいくかどうかは今永が今後、何度も長いイニングを投げて肩の不安を払拭していく必要がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る