• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今季11勝目で熱視線 米スカウトは広島前田の何を見ている?

 メジャースカウトが気にしていたのは球速ではなかった。

 広島のエース前田が2日の阪神戦に先発。7回1失点で11勝目(7敗)。チームは首位阪神と3.5ゲーム差となった。

「去年は大事なところで勝てなかった。今年はチームが大事な時に勝てるようにしたい」というマエケン。その右腕の投球に熱い視線を注いでいたのがメジャーのスカウトたちだ。マエケンは順調にいけば、来季中には国内FA権を取得する。広島は今オフ、入札制度によるメジャー挑戦を認めるともいわれている。そこで今季はマエケンにベタつきのメジャー関係者もいるのだが、彼らは毎回ビデオで投球フォームを撮り、徹底解剖しているという。

 マエケンは13年のWBC直前に右肩を痛め、シーズン開幕直後には右上腕三頭筋筋膜炎で登録抹消。その後は、右脇腹の違和感など、上半身の故障が目立った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  4. 4

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  7. 7

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る