• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

4試合ぶり勝利で菅野が涙も…「来季年俸」に巨人球団“困惑”

 泣いちゃった。

 巨人のエース菅野智之(25)が20日の阪神戦で9回1失点。坂本のサヨナラ打で4試合ぶりの白星を挙げ、9勝目(8敗)を手にしたお立ち台での出来事だ。

「前回悔しい思いをして、最後まで投げ切るという強い気持ちを持ってマウンドに上がったので本当にうれしい」

 そう言って涙をこぼし、横にいる小林と坂本をキョトンとさせた。

 ここ3試合、チームが苦しい時に勝てず、前回のDeNA戦は完封勝利目前の九回に筒香に逆転弾を浴びる“完投負け”だった。涙のエースの好投で首位阪神を3タテ。0.5ゲーム差に迫り、いよいよエンジンがかかってきた、と思いきや、巨人に困っている人たちがいるという。

「菅野の来季の年俸ですよ」と球団関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  6. 6

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  7. 7

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

  8. 8

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

もっと見る