菅野粘投も打線の援護なし…巨人OBが「心身の疲弊」を懸念

公開日: 更新日:

 巨人菅野智之(25)の粘投は報われなかった。12日の阪神戦で7回115球を投げ、8安打1失点。1-1のまま降板したため、勝敗はつかなかった。防御率1.73はセ・リーグの先発投手唯一の1点台。15試合の登板でリーグ2位タイの4完投にもかかわらず、ここまで7勝6敗である。巨人のエースとして、目標とする「貯金」は思ったほど稼げていないのだ。12球団最低打率(.238)の打線は、この日の援護点はわずか1。巨人OBの評論家、高橋善正氏がこう言う。

「投手の勝ち負けはチーム力が大きく関係するため、防御率が良い投手が一番、とはよく言うけれど、やっぱり白星に勝る栄養剤はない。投手に『20勝で防御率3点台と10勝で1点台だったらどっちがいい?』と聞けば、全員が『20勝』と答えるでしょう。前半戦の菅野は完投しながら敗戦投手になるなど、好投が報われないケースが目立ちましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  2. 2

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  5. 5

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  9. 8

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  10. 9

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  11. 10

    巨人快進撃で宙に浮く“ポスト原”阿部禅譲の既定路線が混沌

もっと見る