• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

菅野粘投も打線の援護なし…巨人OBが「心身の疲弊」を懸念

 巨人の菅野智之(25)の粘投は報われなかった。12日の阪神戦で7回115球を投げ、8安打1失点。1-1のまま降板したため、勝敗はつかなかった。防御率1.73はセ・リーグの先発投手唯一の1点台。15試合の登板でリーグ2位タイの4完投にもかかわらず、ここまで7勝6敗である。巨人のエースとして、目標とする「貯金」は思ったほど稼げていないのだ。12球団最低打率(.238)の打線は、この日の援護点はわずか1。巨人OBの評論家、高橋善正氏がこう言う。

「投手の勝ち負けはチーム力が大きく関係するため、防御率が良い投手が一番、とはよく言うけれど、やっぱり白星に勝る栄養剤はない。投手に『20勝で防御率3点台と10勝で1点台だったらどっちがいい?』と聞けば、全員が『20勝』と答えるでしょう。前半戦の菅野は完投しながら敗戦投手になるなど、好投が報われないケースが目立ちましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  6. 6

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  7. 7

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  8. 8

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  9. 9

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  10. 10

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

もっと見る