日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

菅野粘投も打線の援護なし…巨人OBが「心身の疲弊」を懸念

 巨人の菅野智之(25)の粘投は報われなかった。12日の阪神戦で7回115球を投げ、8安打1失点。1-1のまま降板したため、勝敗はつかなかった。防御率1.73はセ・リーグの先発投手唯一の1点台。15試合の登板でリーグ2位タイの4完投にもかかわらず、ここまで7勝6敗である。巨人のエースとして、目標とする「貯金」は思ったほど稼げていないのだ。12球団最低打率(.238)の打線は、この日の援護点はわずか1。巨人OBの評論家、高橋善正氏がこう言う。

「投手の勝ち負けはチーム力が大きく関係するため、防御率が良い投手が一番、とはよく言うけれど、やっぱり白星に勝る栄養剤はない。投手に『20勝で防御率3点台と10勝で1点台だったらどっちがいい?』と聞けば、全員が『20勝』と答えるでしょう。前半戦の菅野は完投しながら敗戦投手になるなど、好投が報われないケースが目立ちましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事