松山の「年間王者」に現実味 最終戦でメジャー勝者なぜ失速?

公開日:  更新日:

【BMW選手権】

 男子ゴルフ米国ツアー「フェデックス・カップ」プレーオフ第3戦のこの大会には70選手が出場し、カットラインなしで4日間行われる。そして、この試合が終わってポイントランキング上位30選手が最終戦ツアー選手権(24日開幕)に駒を進めることになる。

 現在、ポイントランク16位の松山英樹(23)は、世界ランク首位のロリー・マキロイ(ポイントランク17位)、2012年フェデックス王者ブラント・スネデカー(同18位)と同組でスタート。6ホールを残して2オーバー、55位タイ(暫定、雷雲接近のためサスペンデッド)と出遅れた。

 松山の最終戦出場は確定だが、年間王者ボーナス1000万ドル(約12億円)を手にするためにはどうすればいいのか? 米ゴルフ事情に詳しい吉川英三郎氏が、「松山にもチャンスは十分にある」とこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  7. 7

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  8. 8

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  9. 9

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  10. 10

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

もっと見る