優勝賞金7000万円の「マッチプレー選手権」はなぜガラガラ?

公開日:  更新日:

【ネスレ日本 マッチプレー選手権】

 ツアー外競技の今大会は武藤俊憲(37)が片山晋呉(42)を3アンド1で下して初優勝。

 賞金7000万円と副賞の高級自動車。それに欧州ツアー・ハッサン2世杯の出場権を手にした。

「決勝戦はいい試合内容でしたが、観客がガラガラで優勝賞金7000万円というのはちょと違和感を覚えます。今の男子ツアーには客を呼べるだけの魅力ある選手が不在ということです。入場料がタダでもいいからギャラリーをたくさん入れて、緊張した中でプレーさせたほうがよかった」(評論家・宮崎紘一氏)

 ネックは高額入場料だった。車をクラブハウス前の駐車場に止めて、クラブハウスに入場でき、選手と一緒にレストランを利用できる昼食券が付いたプレミアムチケットは3万円もした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  6. 6

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  7. 7

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  8. 8

    石原さとみ結婚or破局? 報道が“真っ二つ”に分かれるワケ

  9. 9

    専門家が解説 空き家処分で悩んだら「3つの選択肢」から

  10. 10

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

もっと見る