優勝賞金7000万円の「マッチプレー選手権」はなぜガラガラ?

公開日: 更新日:

【ネスレ日本 マッチプレー選手権】

 ツアー外競技の今大会は武藤俊憲(37)が片山晋呉(42)を3アンド1で下して初優勝。

 賞金7000万円と副賞の高級自動車。それに欧州ツアー・ハッサン2世杯の出場権を手にした。

「決勝戦はいい試合内容でしたが、観客がガラガラで優勝賞金7000万円というのはちょと違和感を覚えます。今の男子ツアーには客を呼べるだけの魅力ある選手が不在ということです。入場料がタダでもいいからギャラリーをたくさん入れて、緊張した中でプレーさせたほうがよかった」(評論家・宮崎紘一氏)

 ネックは高額入場料だった。車をクラブハウス前の駐車場に止めて、クラブハウスに入場でき、選手と一緒にレストランを利用できる昼食券が付いたプレミアムチケットは3万円もした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  6. 6

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  7. 7

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  8. 8

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    銚子電鉄 袖山里穂さん<前>アイドル車掌は会社をどう見る

もっと見る