優勝賞金7000万円の「マッチプレー選手権」はなぜガラガラ?

公開日: 更新日:

【ネスレ日本 マッチプレー選手権】

 ツアー外競技の今大会は武藤俊憲(37)が片山晋呉(42)を3アンド1で下して初優勝。

 賞金7000万円と副賞の高級自動車。それに欧州ツアー・ハッサン2世杯の出場権を手にした。

「決勝戦はいい試合内容でしたが、観客がガラガラで優勝賞金7000万円というのはちょと違和感を覚えます。今の男子ツアーには客を呼べるだけの魅力ある選手が不在ということです。入場料がタダでもいいからギャラリーをたくさん入れて、緊張した中でプレーさせたほうがよかった」(評論家・宮崎紘一氏)

 ネックは高額入場料だった。車をクラブハウス前の駐車場に止めて、クラブハウスに入場でき、選手と一緒にレストランを利用できる昼食券が付いたプレミアムチケットは3万円もした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  2. 2

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  3. 3

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  4. 4

    最終議席予想は安倍敗北 改憲勢力75議席で3分の2に届かず

  5. 5

    この声も警察は排除するのか 地鳴りのような「安倍辞めろ」

  6. 6

    れいわ野原に学会票 東京で公明が共産に半世紀ぶり敗北か

  7. 7

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  8. 8

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  9. 9

    7/20~7/26のあなたの運勢

  10. 10

    ジャニーズからの圧力は? キー局の見解と元SMAP3人の今後

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る