• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

スコアアップには真っすぐより一方向に曲がる球を打つ練習を

 真っすぐ打つのと、曲がる球を打つのとでは、どちらの方がスコアが安定するのか?

 こう聞かれると、ショットが不安定なゴルファーほど、「真っすぐ打った方が有利」だと答えるだろう。真っすぐ打てれば、フェアウエーをキープしやすくなるし、グリーンをとらえる確率も上がるからだ。

 しかしながら、ツアープロでストレートボールを打つ選手はほとんどいない。右から左に曲がるドローを持ち球にしたり、左から右に曲がるフェードを持ち球にしている選手の方が圧倒的に多い。

 先週、「片山晋呉インビテーショナル ネスレ日本マッチプレー選手権レクサス杯」を現地観戦したが、ほとんどの選手は曲がる球を打っていた。

 例えば、米ツアーを終えたばかりの石川遼は、ティーショットではわざとフェードを打っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  6. 6

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  7. 7

    金正恩が愚痴ポロリ 軍部の融和路線封じで非核化も後退か

  8. 8

    2カ月雲隠れ 日大アメフト内田前監督の呆れた“銭ゲバ闘争”

  9. 9

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  10. 10

    日欧EPA署名で酪農大打撃 食卓から“国産牛乳”が消える日

もっと見る