• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

プレッシャーに強くなるマネジメント能力を鍛える

 プロ野球とプロゴルフ。

 どちらもプロになるのは大変だが、プロ野球の世界にプロテストはない。

 ドラフトで指名されて、球団と契約すればプロ選手としてデビューできる。

 それに対して、プロゴルフの世界には日本プロゴルフ協会(PGA)が主催するプロテストがある。プロテストを受けてなくてもプロゴルファーを名乗れるが、PGAの看板を掲げてプロを名乗るためには、最終テストの合格が不可欠なのだ。

 さて、このプロテスト。

 先週、北海道で男子の最終テストが開催されたが、なんとプロコーチとして有名な中井学が初受験。43歳で初めてプロテストに挑戦し、7アンダーの2位タイで合格。最終テストには151人のプロ予備軍が出場し、合格したのは49位タイまでの55人である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る