• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

来季も米ツアー? 横峯さくらの動向に女子プロ協会ピリピリ

【マンシングウェアレディース東海クラシック】

 今季から米ツアーに主戦場を移しながら帰国し、現在スポンサー契約を結ぶウエアメーカーの主催大会に出場している横峯さくら(29)。関係者の間で話題になっているのは、成績よりも今後の動向だ。

 さくらの今季国内出場は3戦目で、シード選手の出場義務数7試合にあと4試合足りない。

 日本ツアーは韓国選手が圧倒的に強い状況で、ファンからは「日本人プロはだらしない」という批判の声が大きくなっている。そこで人気と実力のあるさくらに戻ってもらい、試合を盛り上げてもらいたいという思惑が日本女子プロゴルフ協会にある。

 しかし、出場義務試合数をクリアできなければシードを失うことになり、それは日本ツアーを捨てて米ツアーで戦うことを意味する。だから、「さくらは今後どうするんだ?」と気がかりなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事