来季も米ツアー? 横峯さくらの動向に女子プロ協会ピリピリ

公開日:  更新日:

【マンシングウェアレディース東海クラシック】

 今季から米ツアーに主戦場を移しながら帰国し、現在スポンサー契約を結ぶウエアメーカーの主催大会に出場している横峯さくら(29)。関係者の間で話題になっているのは、成績よりも今後の動向だ。

 さくらの今季国内出場は3戦目で、シード選手の出場義務数7試合にあと4試合足りない。

 日本ツアーは韓国選手が圧倒的に強い状況で、ファンからは「日本人プロはだらしない」という批判の声が大きくなっている。そこで人気と実力のあるさくらに戻ってもらい、試合を盛り上げてもらいたいという思惑が日本女子プロゴルフ協会にある。

 しかし、出場義務試合数をクリアできなければシードを失うことになり、それは日本ツアーを捨てて米ツアーで戦うことを意味する。だから、「さくらは今後どうするんだ?」と気がかりなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る