ハム大谷は15勝で濃厚も…揺らぐ「沢村賞」の価値と受賞基準

公開日:  更新日:

 シーズンが佳境を迎える中、日本ハム・大谷翔平(21)の周辺で「ある問題」が浮上している。一年で最高の先発投手に贈られる「沢村賞」を受賞できるかどうかの判断が難しいからだ。

 昨10日のソフトバンク戦に先発した大谷は序盤から制球に苦しみ、松田に先制3ランを浴びるなど、自己ワーストタイの7失点で七回途中KO。8月26日以来の白星はならなかった。

 とはいえ、大谷はすでに13勝。チームの残り試合数(18)を考えれば、あと3度は登板するはずで、うち2勝なら15勝だ。その場合、大谷に沢村賞を受ける資格はあるのか。

 沢村賞の選考基準はシーズンで25試合、投球回数200イニング以上に加え、防御率2・50以下、勝利数15勝以上、勝率6割以上、完投10以上、150奪三振以上の7項目。本来はこの基準を満たした投手が選ばれる。現在の大谷の数字(20試合13勝5敗、防御率2.44、143.2回、4完投、173奪三振、勝率.722)では15勝しても4項目しか基準をクリアできない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る