リーグV目前 強力燕打線生んだ“真中イズム”を監督が語る

公開日:  更新日:

 胴上げ目前だ。ヤクルトは28日の中日戦に勝利。2位巨人が敗れ、いよいよ優勝マジックを「1」とした。

 2年連続最下位チームの大躍進を支えているのは、リーグ屈指の強力打線だ。チーム打率.258、562得点はともにリーグ1位。トリプルスリーを確実にしている山田をはじめ、川端、畠山、バレンティン、雄平らを擁する打線は破壊力抜群だ。

 この背景には攻撃的な打順がある。2番に首位打者をうかがう巧打の川端を置き、3番山田、4番畠山がどっしりと座り、故障から復帰したバレンティン、雄平と続く。

「川端、山田、畠山」と強打者を並べて置くことで相手バッテリーにプレッシャーを与えるとともに、バントをしなくても得点確率を上げるようにするのが狙いだ。

 1番が出塁しても、川端がバントで送る場面はほとんどなく、犠打はわずかに2個。この日の試合でも初回、無死一塁の場面で強攻して得点を挙げている。133犠打はリーグ最少だ。また、1番が凡退しても川端がチャンスメークして山田、畠山で得点するケースもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る