来季は戦力低下必至 阪神「金本政権」誕生へ最大の障害は?

公開日: 更新日:

■根強い不信感

 今季限りで関本(37)は引退。契約切れのマートンや呉昇桓の退団も噂されており、正捕手不在は相変わらず。福原(38)、安藤(37)も衰えが見え、若い生え抜きで活躍が期待できるのは藤浪くらいしかいない。大補強も検討されているとはいえ、応急処置にしかならない。過渡期にある阪神は、今季よりもチーム力が落ちるのは必至。監督要請は時間の問題となった金本氏は写真誌フライデーの「実際にオファーがあったら?」という質問に「正直、貧乏クジよ。火中の栗やんか!」と答えているのも当然だろう。

「しかも、金本は今のフロントを信用していないと思う。金本は10年の開幕前、選手たちに『自分たちの力だけで勝とう』と発言した。前年オフに03年、05年優勝メンバーの赤星氏が引退に追い込まれるなど、フロントは功労者に対して冷遇していると受け取った。その当時のフロントが今も主要ポストにいるわけだからね。交渉時に『長期契約』という甘い誘惑を見せても、成績が低迷すればクビが飛ぶことはわかっている。真弓、和田両監督と同じ道をたどるのはカンベンでしょう」(前出OB)

 フロント幹部の総退陣こそ、「金本監督招聘」の最大の誠意といえよう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  2. 2

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  3. 3

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  4. 4

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  10. 10

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

もっと見る