来季は戦力低下必至 阪神「金本政権」誕生へ最大の障害は?

公開日: 更新日:

■根強い不信感

 今季限りで関本(37)は引退。契約切れのマートンや呉昇桓の退団も噂されており、正捕手不在は相変わらず。福原(38)、安藤(37)も衰えが見え、若い生え抜きで活躍が期待できるのは藤浪くらいしかいない。大補強も検討されているとはいえ、応急処置にしかならない。過渡期にある阪神は、今季よりもチーム力が落ちるのは必至。監督要請は時間の問題となった金本氏は写真誌フライデーの「実際にオファーがあったら?」という質問に「正直、貧乏クジよ。火中の栗やんか!」と答えているのも当然だろう。

「しかも、金本は今のフロントを信用していないと思う。金本は10年の開幕前、選手たちに『自分たちの力だけで勝とう』と発言した。前年オフに03年、05年優勝メンバーの赤星氏が引退に追い込まれるなど、フロントは功労者に対して冷遇していると受け取った。その当時のフロントが今も主要ポストにいるわけだからね。交渉時に『長期契約』という甘い誘惑を見せても、成績が低迷すればクビが飛ぶことはわかっている。真弓、和田両監督と同じ道をたどるのはカンベンでしょう」(前出OB)

 フロント幹部の総退陣こそ、「金本監督招聘」の最大の誠意といえよう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  4. 4

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  8. 8

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

  9. 9

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  10. 10

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

もっと見る