来季は戦力低下必至 阪神「金本政権」誕生へ最大の障害は?

公開日:  更新日:

「5年契約を提示なんて言ってるけど……」

 苦笑いを浮かべて語るのは、ある阪神OBだ。

 今季限りで退任する和田監督の後任に、金本知憲氏(47)を招聘するという阪神。03年、05年の優勝メンバーで、「ダメ虎」といわれた阪神をよみがえらせた象徴的な存在だけに、ファンからの待望論も根強い。

 長期契約提示なんて派手な話も出てきて、金本氏はどんどん外堀を埋められている感もするが、前出OBは、「今の阪神は金本を本気で招聘する環境にない」と言ってこう続ける。

「近年の阪神は、それこそ巨人に匹敵する資金力で助っ人取りやFA補強を繰り返してきたが、05年以来、一度も優勝していない。チーム編成に穴があけば、ツギハギ補強で、若手育成を軽視してきた。真弓監督、和田監督と2代続けて成績不振の責任を取らせた一方で、チーム編成に関わってきた現フロントは、ノウノウと生き残っている。急死した中村GMだって、フロントの責任回避のための“弾よけ”と言われていたくらい。根底からメスを入れないと、誰が監督をやっても勝てませんよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る