• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

阪神に“お家芸”の内紛勃発 金本氏に監督要請の陰で悪評吹聴

 和田監督の今季限りの退任を発表した阪神。すでに次期監督候補の金本知憲氏(47)に就任を要請し、本人からの返事待ちという状況らしい。「本人は契約年数を含めた条件面や、フロントのバックアップ体制も含めて監督を受けるべきか逡巡している」とは担当記者だ。

 そんな現状に、球団フロント及び周辺では金本氏の就任を快く思わない人たちが気勢を上げ始めたという。ある阪神OBがこう言うのだ。

「球団フロントや電鉄本社幹部の中には、いまだ生え抜き有力OBの掛布雅之や岡田彰布にこだわる人たちがいる。そういった連中が金本で本当に大丈夫かと、その人脈やら交友関係やらプライベートに関する危ないウワサを方々で吹聴しているというのです。週刊誌が金本に関する特集を予定しているともいいますからね」

 金本氏は球団と電鉄本社が次期監督の筆頭候補として一本化した人物のはずだった。にもかかわらず内部や周辺から、その足を引っ張るかのような声が上がっている。かつての「お家芸」ともいうべき内紛が勃発しているようなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る