日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

阪神に“お家芸”の内紛勃発 金本氏に監督要請の陰で悪評吹聴

 和田監督の今季限りの退任を発表した阪神。すでに次期監督候補の金本知憲氏(47)に就任を要請し、本人からの返事待ちという状況らしい。「本人は契約年数を含めた条件面や、フロントのバックアップ体制も含めて監督を受けるべきか逡巡している」とは担当記者だ。

 そんな現状に、球団フロント及び周辺では金本氏の就任を快く思わない人たちが気勢を上げ始めたという。ある阪神OBがこう言うのだ。

「球団フロントや電鉄本社幹部の中には、いまだ生え抜き有力OBの掛布雅之や岡田彰布にこだわる人たちがいる。そういった連中が金本で本当に大丈夫かと、その人脈やら交友関係やらプライベートに関する危ないウワサを方々で吹聴しているというのです。週刊誌が金本に関する特集を予定しているともいいますからね」

 金本氏は球団と電鉄本社が次期監督の筆頭候補として一本化した人物のはずだった。にもかかわらず内部や周辺から、その足を引っ張るかのような声が上がっている。かつての「お家芸」ともいうべき内紛が勃発しているようなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事