“剛腕”はどこへ…「初登板初勝利」の楽天・安楽はまるで別人

公開日: 更新日:

 それでも「圧巻」という投球ではなかった。

 5日のソフトバンク戦に楽天のルーキー、安楽智大(18)がプロ初登板初先発。6回2安打5四球、無失点でプロ初勝利を手にした。楽天の高卒新人で「初登板、初勝利」は田中マーくんですらできなかった球団史上初の快挙だ。

 しかし、手放しで喜んで良いのやら。安楽といえば済美時代はMAX157キロを誇った剛腕右腕。それが、この日は初回に投げた146キロが最速。二回の143キロを最後にその後も球速は落ち続け、130キロ台後半の直球も多かった。

 安楽は高校2年の秋に右ヒジをケガ。その影響で昨年は甲子園に出場できず、楽天首脳陣も二軍で鍛える方針を取っていた。

 この間、安楽は右ヒジへの負担を減らすため、フォーム改造に着手。二軍でも19試合で4勝1敗と投げられるようにはなったが、本格派投手がこの球速ではとてもじゃないが順調とはいえまい。

 フォームが合ってないのか、それともケガの影響か……。安楽初登板、初勝利は楽天ファンに楽しみをもたせるどころか、不安にさせたんじゃないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜にカジノ不要 藤木幸夫氏が危惧する「戦前に似た空気」

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  4. 4

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  5. 5

    マエケンから一発の大谷 球宴HR競争出場をハーパー後押し

  6. 6

    八幡カオルさんは試行錯誤の末“セクシー写真集”を自費出版

  7. 7

    「断熱オタク」に聞いた エコ住宅がなぜ広まらないのか?

  8. 8

    大谷の打撃をエ軍首脳陣“放任”へ 凡打での助言が今季激減

  9. 9

    焼き肉業界に足かけ7年 元ロッテ藤田宗一さんの第二の人生

  10. 10

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る