日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“剛腕”はどこへ…「初登板初勝利」の楽天・安楽はまるで別人

 それでも「圧巻」という投球ではなかった。

 5日のソフトバンク戦に楽天のルーキー、安楽智大(18)がプロ初登板初先発。6回2安打5四球、無失点でプロ初勝利を手にした。楽天の高卒新人で「初登板、初勝利」は田中マーくんですらできなかった球団史上初の快挙だ。

 しかし、手放しで喜んで良いのやら。安楽といえば済美時代はMAX157キロを誇った剛腕右腕。それが、この日は初回に投げた146キロが最速。二回の143キロを最後にその後も球速は落ち続け、130キロ台後半の直球も多かった。

 安楽は高校2年の秋に右ヒジをケガ。その影響で昨年は甲子園に出場できず、楽天首脳陣も二軍で鍛える方針を取っていた。

 この間、安楽は右ヒジへの負担を減らすため、フォーム改造に着手。二軍でも19試合で4勝1敗と投げられるようにはなったが、本格派投手がこの球速ではとてもじゃないが順調とはいえまい。

 フォームが合ってないのか、それともケガの影響か……。安楽初登板、初勝利は楽天ファンに楽しみをもたせるどころか、不安にさせたんじゃないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事