松井大輔
著者のコラム一覧
松井大輔

1981年5月11日、京都市生まれ。鹿児島実から00年に京都入り。04年に仏ルマンに移籍。サンテティエンヌ、グルノーブル、ティジョンでもプレー。ロシア、ブルガリア、ポーランドを経て14年にジュビロ磐田入り。小学校以来のゲーム主将を務める。身長175センチ、体重67キロ。血液型O型。

アジアとW杯のサッカーは別物であることを忘れてはいけない

公開日: 更新日:

 ブラジルW杯は、ドイツの優勝で幕を閉じました。アルゼンチンとの決勝戦もドイツは攻守が連動し、ボールポゼッションも見事でした。攻撃の組み立て、シュートまでのリズムも参加国の中でトップでしたね。

 組織力に加えて個の力も突出していたと思います。タイトル獲得は順当だったと思います。

 ボクは昨年末までポーランドでプレーしましたが、隣国のドイツが欧州全体に強い影響力を持っていることを実感しました。政治も経済も、そしてサッカーに関してもそうでした。ドイツのブンデスリーガは隆盛を極めており、代表選手の自国リーグ所属率が高まって代表のチームづくりもスムーズにいく。

 そういう意味で、日本のJリーグをもっとしっかりさせないといけないと痛感しました。

 ドイツというのは、国全体のサッカー哲学が明確なんですね。結果が出ない時代もブレずにやってきたからこそ、今回のW杯制覇があります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  2. 2

    麻生大臣は年金破綻認めていた 10年以上前に論文で堂々と

  3. 3

    愛犬との散歩が日課…夏目三久「フリー8年」寂し気な日常

  4. 4

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  5. 5

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  6. 6

    クリスチャンの特攻隊員が密かに残した手紙に戦時下の心理

  7. 7

    「ご三家に合格する子」の家庭環境をプロ家庭教師が明かす

  8. 8

    高嶋ちさ子が激怒 反抗期の長男に「お前フザけるなよ!」

  9. 9

    国広富子さんは高級パンプス履き平壌の党幹部住宅で生活

  10. 10

    巨人は首位浮上も…守護神マシソン“傷だらけ”で離脱危機

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る