松井大輔
著者のコラム一覧
松井大輔

1981年5月11日、京都市生まれ。鹿児島実から00年に京都入り。04年に仏ルマンに移籍。サンテティエンヌ、グルノーブル、ティジョンでもプレー。ロシア、ブルガリア、ポーランドを経て14年にジュビロ磐田入り。小学校以来のゲーム主将を務める。身長175センチ、体重67キロ。血液型O型。

アジアとW杯のサッカーは別物であることを忘れてはいけない

公開日:  更新日:

 ブラジルW杯は、ドイツの優勝で幕を閉じました。アルゼンチンとの決勝戦もドイツは攻守が連動し、ボールポゼッションも見事でした。攻撃の組み立て、シュートまでのリズムも参加国の中でトップでしたね。

 組織力に加えて個の力も突出していたと思います。タイトル獲得は順当だったと思います。

 ボクは昨年末までポーランドでプレーしましたが、隣国のドイツが欧州全体に強い影響力を持っていることを実感しました。政治も経済も、そしてサッカーに関してもそうでした。ドイツのブンデスリーガは隆盛を極めており、代表選手の自国リーグ所属率が高まって代表のチームづくりもスムーズにいく。

 そういう意味で、日本のJリーグをもっとしっかりさせないといけないと痛感しました。

 ドイツというのは、国全体のサッカー哲学が明確なんですね。結果が出ない時代もブレずにやってきたからこそ、今回のW杯制覇があります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る