日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松井大輔
著者のコラム一覧
松井大輔

1981年5月11日、京都市生まれ。鹿児島実から00年に京都入り。04年に仏ルマンに移籍。サンテティエンヌ、グルノーブル、ティジョンでもプレー。ロシア、ブルガリア、ポーランドを経て14年にジュビロ磐田入り。小学校以来のゲーム主将を務める。身長175センチ、体重67キロ。血液型O型。

アジアとW杯のサッカーは別物であることを忘れてはいけない

 ブラジルW杯は、ドイツの優勝で幕を閉じました。アルゼンチンとの決勝戦もドイツは攻守が連動し、ボールポゼッションも見事でした。攻撃の組み立て、シュートまでのリズムも参加国の中でトップでしたね。

 組織力に加えて個の力も突出していたと思います。タイトル獲得は順当だったと思います。

 ボクは昨年末までポーランドでプレーしましたが、隣国のドイツが欧州全体に強い影響力を持っていることを実感しました。政治も経済も、そしてサッカーに関してもそうでした。ドイツのブンデスリーガは隆盛を極めており、代表選手の自国リーグ所属率が高まって代表のチームづくりもスムーズにいく。

 そういう意味で、日本のJリーグをもっとしっかりさせないといけないと痛感しました。

 ドイツというのは、国全体のサッカー哲学が明確なんですね。結果が出ない時代もブレずにやってきたからこそ、今回のW杯制覇があります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事