松井大輔
著者のコラム一覧
松井大輔

1981年5月11日、京都市生まれ。鹿児島実から00年に京都入り。04年に仏ルマンに移籍。サンテティエンヌ、グルノーブル、ティジョンでもプレー。ロシア、ブルガリア、ポーランドを経て14年にジュビロ磐田入り。小学校以来のゲーム主将を務める。身長175センチ、体重67キロ。血液型O型。

嘉人のゴールに向かっていくプレーをもっと見たかった

公開日:  更新日:

 コロンビア戦を早起きして見ました。

 日本代表は、1分け2敗で1次リーグ敗退という結果に終わりました。3戦目で自分たちの良さを出せたとは思うけど、コロンビアは強かったですね。初戦のコートジボワール戦に勝てば突破できたんじゃないかな? そう思えるだけにすごく残念です。

 以前から「打ち合うスタイル」だけでは危険と言ってきました。現日本代表は「史上最強」と言われていましたが、やっと世界と同じラインに立ったところ。真司(香川=マンU)や圭佑(本田=ミラン)と同じように欧州ビッグクラブでプレーする選手は、どの国の代表にも必ず数人はいます。残念ながらメッシやC・ロナウドのようなスーパーな選手は日本にいません。レベルの違いを選手全員が、改めて痛感したと思います。

 8年前のW杯ドイツ大会も、ヒデさん(中田英寿)を筆頭に能力の高い選手が揃って前評判も高かった。でも、本番では勝ち点1しか取れませんでした。ボクたちが南アフリカで戦った4年前は「ベタ引き」と言われたけど、組織的にうまく守れたと思います。その部分を今回も生かせば良かった。でも、8年前と同じような個人の能力頼みの攻撃サッカーになってしまいました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る