柳田負傷でソフトB戦力ダウン…ロッテ&ハムにCS好機到来

公開日:  更新日:

 パの王者にまさかのアクシデントだ。

 ソフトバンクの柳田悠岐(27)が首痛のため、8日の紅白戦を欠場。14日のCSファイナルステージまで試合がないため、実戦感覚を失わないように首脳陣が考慮した矢先の出来事だった。

 もっとも、打撃練習中に痛めた首自体は「軽くはないが重くもない」(新井チーフトレーナー)とのこと。より深刻なのは9月26日のロッテ戦で死球を受けた左ヒザだ。当初は打撲と思われていたものの、なかなか痛みが引かないばかりか、走ることすら出来ない。27日からの8試合は代打で3打席に立ったのみだ。本人もおかしいと感じたのだろう。改めて検査をしたところ、「脛骨骨挫傷」と判明した。

 柳田は打率.363、34本塁打、32盗塁でトリプルスリーを達成。俊足と強肩を武器にした中堅守備の評価も高く、リーグ優勝に多大な貢献をした。離脱となれば、チームにとって大きな戦力ダウンになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る