調整に四苦八苦…原監督の“陽動作戦”に巨人先発陣が辟易

公開日: 更新日:

 巨人が13日、翌14日からのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージのヤクルト戦へ向け、東京ドームで調整した。前日のファーストステージで首を痛めた坂本は別メニュー。原監督(57)は「きのうの炎のヘッドスライディングで首が張っている。やり慣れないことをすると張っちゃうのかな」と説明した。出場には影響ない見込みだが、阪神との激闘の傷痕は残っているようだ。

 先発が予想される内海は高木勇と同じ調整を行った。ファーストステージ前の練習期間同様、ブルペン周辺の通路を封鎖し、報道陣の取材を規制。先発隠しに躍起である。他にも大竹、田口らが候補に挙がる中、今季2勝1敗、防御率5・01で二軍暮らしが続いた内海について原監督は「弱音を吐かない。キャリアがあると先を見たがる選手がいるが、彼はファームで投げますと言う。絶対に(一軍に)戻したいと思っていた」とベタ褒め。逆に報道陣には疑念が広がった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    損しないために“ねんきん定期便”確認すべき3つのポイント

  3. 3

    広瀬すずvs永野芽郁 NHK朝ドラの次は映画で対決か?

  4. 4

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  5. 5

    若林ドン引き オードリー春日「浮気謝罪で100万円」の性根

  6. 6

    日米安保破棄を示唆 トランプ発言の狙いは日米貿易交渉

  7. 7

    オードリー春日の浮気発覚 人間の性根は簡単に変わらない

  8. 8

    「静かに死にたい」田村正和が赤裸々に語った“好々爺”生活

  9. 9

    闇営業問題でTV各局大慌て…“我が道”路線テレ東の対応は?

  10. 10

    大谷翔平メジャー2年目でも“英語しゃべらず”伝説は本当か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る