B・ワトソンもイラッ 松山の“マイペース”が嫌われる理由

公開日: 更新日:

【プレジデンツ杯】

 球打ちだけがうまくても名選手とはいえない。

 世界選抜(欧州を除く)と米国選抜の2年に1度の対抗戦「プレジデンツ杯」が8日に開幕。初日は2人1組で1つの球を交互に打つフォアサム5対戦が行われ、米国選抜が4勝1敗で3ポイントリードした。

 松山英樹とアダム・スコット(オーストラリア)のペアは、J・B・ホームズ、B・ワトソン組と対戦。松山の組が2ホールを残して3&2で敗れた。

 このマッチ、松山のパッティングアドレスが長いことにワトソンが何度もイラつき、苦笑いを見せる場面もあったが、遅いのはパットだけではない。

 松山のスロープレーは米ツアーでも問題視され、13年の全英オープンでは1罰打を科せられている。同年のフジサンケイでも、同伴者の横尾要が松山のマイペースにイライラを募らせ、「今の若いやつはみんな遅い。どうかしている」と苦言を呈した。

 ゴルフには同伴競技者がいる。相手に気を使い、互いに邪魔にならぬようプレーするのはイロハのイ。スポーツマスコミは「メジャー優勝は時間の問題」などと報じているが、同伴者のプレーリズムなどお構いなしに常にマイペースでは、松山は米ツアーの嫌われ者のままだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  5. 5

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る