B・ワトソンもイラッ 松山の“マイペース”が嫌われる理由

公開日: 更新日:

【プレジデンツ杯】

 球打ちだけがうまくても名選手とはいえない。

 世界選抜(欧州を除く)と米国選抜の2年に1度の対抗戦「プレジデンツ杯」が8日に開幕。初日は2人1組で1つの球を交互に打つフォアサム5対戦が行われ、米国選抜が4勝1敗で3ポイントリードした。

 松山英樹とアダム・スコット(オーストラリア)のペアは、J・B・ホームズ、B・ワトソン組と対戦。松山の組が2ホールを残して3&2で敗れた。

 このマッチ、松山のパッティングアドレスが長いことにワトソンが何度もイラつき、苦笑いを見せる場面もあったが、遅いのはパットだけではない。

 松山のスロープレーは米ツアーでも問題視され、13年の全英オープンでは1罰打を科せられている。同年のフジサンケイでも、同伴者の横尾要が松山のマイペースにイライラを募らせ、「今の若いやつはみんな遅い。どうかしている」と苦言を呈した。

 ゴルフには同伴競技者がいる。相手に気を使い、互いに邪魔にならぬようプレーするのはイロハのイ。スポーツマスコミは「メジャー優勝は時間の問題」などと報じているが、同伴者のプレーリズムなどお構いなしに常にマイペースでは、松山は米ツアーの嫌われ者のままだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  2. 2

    麻生大臣は年金破綻認めていた 10年以上前に論文で堂々と

  3. 3

    愛犬との散歩が日課…夏目三久「フリー8年」寂し気な日常

  4. 4

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  5. 5

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  6. 6

    クリスチャンの特攻隊員が密かに残した手紙に戦時下の心理

  7. 7

    「ご三家に合格する子」の家庭環境をプロ家庭教師が明かす

  8. 8

    高嶋ちさ子が激怒 反抗期の長男に「お前フザけるなよ!」

  9. 9

    国広富子さんは高級パンプス履き平壌の党幹部住宅で生活

  10. 10

    巨人は首位浮上も…守護神マシソン“傷だらけ”で離脱危機

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る